筐体の裏側! ~弐寺スクラッチ編~ | ビーマニまとめ

筐体の裏側! ~弐寺スクラッチ編~

aic_column-01

はじめに

というわけで鍵盤編に続きましてスクラッチ編です。
DJ TROOPERS辺りから必ず一曲はある皿曲のせいでスクラッチのメンテナンスが気になるゲームセンターも少なくないと思います。うちの店もそうでした。

今回はそんな鍵盤以上に酷使されやすいスクラッチについて書かせていただきます。

スクラッチの反応方法

概要

scr1-50505


鍵盤編と同様に、まずは皿の反応する際の構造を理解しましょう。
どのように反応しているかはだいたいこんな感じです。



scr1

センサー部分をズームした状態です。注釈を入れると・・・



scr2

こんな感じになります。
スクラッチ部分のセンサーを遮るor開放で信号が送られて一回反応といった感じです。
この時、突起がセンサーを遮る時間(皿の回る速度)はほぼ関係ありません。遮っているか否か、しか見ていないはずです。

皿の回る方向

この皿のセンサーは絶妙な距離を保っていて、センサーを「両方遮る」「右側を遮る」「左側を遮る」の3つの状態が存在します。
皿を回すとそれぞれの状態からまた別の状態に移行するのですが、この時の移行の仕方によって皿が回る方向(上下)が決定するようになっています。

scr3-2

皿の重さ

続いては皿の重さについてです。
これは先ほど書いたセンサー部分とは全く別の部分の調整によって重さが変化します。
これも先ほどのセンサー部分と同じく構造が大事になってきます。

scr5-1

皿を回すと軸を通して筐体裏の歯車が回りセンサーが反応するという仕組みです。すごい分かりづらいかもしれませんが、こういうことです。
ワッシャーに(?)と付いているのは、これを外してプレイしても私ではちょっと違いが分からなかったので(?)としています。予想では皿の板部分とコンパネ部分が擦れて傷付くのを防ぐために噛ませているのではないか、と考えています。


ではどこをどうすれば皿が重くなるのか?という点について。

結論から書くと、ネジを締めれば締めるほど皿は重くなります。
先ほどの図で言うところのネジを締めると、筐体部分とフェルトと皿の板がより圧着される事になります。この時、ネジを締めれば締めるほどフェルトによる摩擦力が大きくなり皿がどんどん重くなります。

ネジを締め過ぎると全く回らなくなる激重皿に、緩め過ぎると激軽皿になります。どちらもあまり好まれないメンテナンスであるのは間違いないと言えます。そして重くても軽くてもプレイしていると少しずつ、ほんの僅かではありますがネジが緩んでいきます。なので月に一度、少なくとも四ヶ月に一回くらいは皿のネジを締め直してあげないとどんどん軽くなっていきます。
そしてこの中に入っているフェルトですが、これもプレイしていると徐々にすり減ったり皿の隙間から手垢や汚れが入り込んで滑り止めとしての効果が薄くなっていきます。なので半年に一回か二回くらいは交換ないし清掃してあげないとネジを締め直しても意味が無くなります。
同様に軸の部分も汚れが入り込んだりするので程よく清掃してシリコンスプレーなど吹き付けて乾拭きしてあげると良いでしょう。

皿がおかしいこんな時は

ここからはちょっと店員向けなお話になりますが、逆にこれを見せてあげれば理解のある店員さんはやってくれるかもしれません。ただし強要はダメです。
また、ここに書いた解決方法が絶対正しいというわけでもありません。店員さんは特に鵜呑みにせず、どこが原因かをしっかり解明して上司に報告、修理しましょう。

お客さんは絶対にこれらを勝手にやってはいけません。


  • 皿が反応しない
  • センサーが壊れたか歯車がセンサーに届いていません。
    ネジを締め忘れて歯車が回らなくなっている可能性もありますが、重点的に見るべきはセンサー付近となります。

  • 皿を回した際にガコガコと引っ張られる
  • 皿を回して手で止めた際に「ガコッ」と軽く引っ張られる感覚がある時はネジを緩めすぎているか外れています。もうちょっと強く締めると良いでしょう。

  • 皿シートがめくれる
  • 両面テープで貼ってしまうのが無難。いっそ皿シートを交換してあげると喜ばれます。

  • 皿が手汗でやけに滑る
  • 皿シートの寿命で表面のゴム部分がダメになってる可能性大。新しい皿シートに変えてあげましょう。

  • 回していると特定の位置で重くなる
  • 皿の板か軸か歯車が曲がっている可能性が高いです。どれか曲がってないか確認してみましょう。
    他にも、一箇所のネジを締め過ぎていたり、隙間にゴミが入り込んでいる可能性もあります。

  • 回していると異音がする
  • 汚れが付着している可能性が高いです。まず柔らかい布でしっかり清掃してあげましょう。
    清掃してもダメな場合はどれかの部品が破損している可能性が高いです。特にガリガリと金属音がするときは軸がダメか歯車の歯が曲がってセンサーに当たっているかもしれません。


先ほども書きましたが、これらの対処法は鵜呑みにしてはいけません。こういう可能性が高い、というだけですので、あくまでも参考の1つにしてください。

終わりに

皿の構造は自分の知る限りこのような形になります。鍵盤と違ってこっちは滅多に見れるものでもないので知らないプレイヤーもいたのではないでしょうか?これを知っておくとちょっと会話になった時に自慢できるかもしれません。豆知識。

そしてメンテナンスは店員さん自らの手で点検と実践を行い、お客様の意見を取り入れる事でより神メンテに近付きリピーターを増やす事になります。皿は個人の好みが分かれる部分なので難しいかもしれませんが、諦めずに頑張ってください。

また、このページで書いている事は個人的な見解を含みつつも全て実際に試した上での意見となっています。しかし記憶を頼りに書いた部分も無いわけでは無いので「ここが違うんじゃない?」とか「これってどうなの?」みたいな意見がある場合はTwitterアカウント、もしくは掲示板の方までご一報ください。よろしくお願いします。

このページの先頭へ