eSports事業にてインターンシップを募集するエイプリルナイツを紹介!

772

e-Sports事業を行う株式会社エイプリルナイツがインターン生を募集している。今回はe-sportsインターン採用担当の岡持さんにe-Sports事業にてインターン生を募集し始めた経緯や概要をお聞きしました。e-Sportsは海外では既に著名なスポーツで、大会が開催される度にCNNを中心にテレビ中継され、賞金総額が10億円に達するものもある。そんな世界的エンターテイメントであるe-Sportsを、「SHOW TIME」通じて日本に広めようとするエイプリルナイツのインターンシップ紹介します!

 

エイプリルナイツe-sportsインターン採用担当 岡持 洋介

 

岡持 洋介
 広告会社や出版社にてイベント系の業務に従事。
e-Sports業界でのイベントの絶対数が足りていないと感じSHOWTIMEを運営するエイプリルナイツへ合流。オンライン、オフライン問わずイベントを行いeSportsの普及を目指す。
普段からLoLやハースストーンなどのゲームも嗜む。
 

なぜインターン生を募集するのか!?

互いに互いを高めあうのが目的です。今後eSports業界を支えていくのは今の学生たちなのでインターン生を受け入れることで彼らの成長を企業として助け、また自分達も感受性の一番高い時期にe-Sp
ortsと一緒に成長してきた学生達の感性は自分達の勉強にもなる。オンライン大会などをメイン行う「SHOW TIME」はビジネスとしてはまだこれからでインターン生にとってもなかなか無い環境。現メンバーでもインターン生でも関係なくやりたい企画があればどんどん持ってきて欲しいと考えていて自身の経験にして欲しいと思います。

今のe-Sportsについて

今のeSports業界では選手生命を終えた後に仕事がなくなってしまう。解説者などの仕事に就ければ御の字だが実際はほとんどその職に就けることが無い。しかし、エイプリルナイツなら母体がエンジニア業務の為、手に職を付け仕事を得ることが出来る。まだまだ日本のeSports業界は言葉だけが先行して産業の土台が出来ていない印象ですね。e-Sportsはメディアも注目していてJeSPなど大きい大会もあるがまだ定期的に行われているものでもないので今のうちからe-Sporsに携わりながら手に職をつけれる環境があるのはエイプリルナイツの強みです。

 

求める人物像とインターン生へのアドバイス

1、ゲームが好き、熱意がある。
なんでもいいので自分のやりたいことを明確にもって応募しよう!
 
2、社会人としての考え方を持つこと。
やりたいことを収益にどうつなげるか?どうお客様を集めるか?といったところまで考えてビジネスに繋げる。エイプリルナイツでは手を上げる学生を手助けする環境が揃っています!
 
3、1つでいいので尖っていて欲しい!
ゲームの腕、コミュニケーション能力、配信技術など何でもいいのでどこか1つアピールポイントをもってチャレンジしよう!
 

e-sportsインターン募集要項

●デザイナー職
 
Webサイトデザイン全般・印刷物(フライヤー、パンフレット、DM)のデザイン
提案書の作成(e-Sports業界の著名人に提案できます)
 
 
 
●企画運営(イベント/コンテンツ等)実際に企画をし、大手企業に提案に行きます。
 
 
大手クライアントに企画書を見てもらうチャンスがあります。
企画職の仕事は決まった枠がありません。
アイデアを出し合い、チャレンジ出来る環境です。あなたの発想から企画が生まれる可能性も十分あります。
 
 
 
●エンジニア職
 
過去の経験や何かに携わった経験、何でも構いませんのでポートフォリオをお持ちください。
 
女性の応募も大歓迎してます。
質問だけでもお気軽にご連絡ください。
 

e-sportsインターン採用担当 岡持さんよりインターン生へ

職場

これからは君達インターン生の時代なので自分を武器にして企業へアピールしてください!尖ってぶつかって来い!!!

 
インタビューした感想としては「カッコいい大人の集団エイプリルナイツ」といった印象でした!成長市場のe-Sports業界でのこれからビジネス化していく所なので自分の経験に落としこめられれば大きな財産になるのは間違いなし!応募を検討中の学生は素直にそして全力でぶつかっていこう!!

お問合せフォームはこちら↓↓↓
エイプリルナイツインターン生募集のお問合せ

 

>エイプリルナイツHP