スト5、EVO2016の参加者数が5000人を突破し史上最高を記録!

evo2016-sf5-2

過去最高の二倍

 
世界最大の格闘ゲームの祭典EVOの参加登録が先週金曜日の7月1日に締め切られ、各種目の最終的な参加人数が発表された。
最も参加者数が多かったのは『ストリートファイター5』の5065人で、これは一つの会場で行われる大会としては格闘ゲームの歴史上最大の規模となる。これまでの記録はEVO2015での『ウルトラストリートファイター4』で記録した2227人であり、今回は2月下旬の参加登録開始からわずか4日間でこの記録をあっさりと抜き去り最終的にこれまでの記録の倍以上となる驚異的な数字を叩き出した。
これに伴い同種目の賞金もオープントーナメント大会としては最高となる1000万円を超え、これらの注目度の高さからかアメリカではスポーツチャンネルESPN2でのテレビ放送も決定した。
 

Street Fighter V TV Spot – EVO 2016 on ESPN2

 
また2種目がメインタイトルとして採用されたスマッシュブラザーズシリーズも『for Wii U』『DX』がそれぞれ2637人、2350人の参加者を集め、こちらもスマブラ史上最大の大会となる。
その他の種目では前年から若干人数が減ったタイトルもあったものの、スト5とスマブラが牽引する形となり全種目合計の参加者数は14680人となり過去最高だった前年を超えた。
 

感想

個人的には『スト5』の5000人超えにも驚きましたが、『スマブラDX』は15年も前のゲームなのに未だにこれだけのプレイヤーを集められるとはすごく愛されているんだなと感じました。
日本からも多くのプレイヤーがエントリーしているということなので、ぜひ彼らの活躍に期待したいです。応援してます!!