過去に出た超高難易度ゲーム紹介 あなたはクリアできましたか? | eSports Runner | ゲーム最新情報のeSports総合サイト

過去に出た超高難易度ゲーム紹介 あなたはクリアできましたか?

maxresdefault (1)

maxresdefault (1)

概要

SIREN

2003年11月6日に発売されたゲーム。このゲームの特徴は主人公が戦闘に慣れていない人間ということで銃弾1~2発もらうと死亡したり、敵に1度でも触れたら死亡したりと体力値が非常に低い。
なおかつこちらは拾った武器しか使えず、それも農具用品や傘などの日用品、強くて拳銃や猟銃しか使えない。
さらにストーリーも非常に難しく、発売されて数年経ってもわからない謎があったゲームである。


I wanna Be the Guy

動画サイトでよく見かける死にゲーの代表作。PCのフリーゲームとして2008年1月30日にリリース。そのステージギミックは高難易度かつ初見殺しで数々のプレイヤーを苦しめたゲーム。
しかし、そのギミックがとてもユーモアでもあり人気のゲームとなっていった。


ダークエスケープ3D

このゲームの特徴はなんと言っても敵が強すぎることで有名。敵の攻撃力、防御力が非常に強く攻撃を2~3回もらっただけでゲームオーバーということも。さらに回復手段も少なく、攻撃力最弱クラスの回復もない。しかもステージ1~4つの完全ランダムかつ2択イベントなので運要素も高い。さらにこのゲームはゲーセンにあるので1プレイ100円でもこのゲームバランスでプレイヤーが多くのお金を払わせた超理不尽ゲームである。

 
ざっと紹介しましたがまだまだあるので、他のゲーム紹介は引用元からどうぞ!


>>引用元はコチラ!

ゲーセンでこの難易度はさすがに酷すぎる・・・。

最新ゲーマーニュース攻略からのお知らせ