【グラブル】初心者のための共闘クエストと気をつけるクエスト | グラブル攻略

【グラブル】初心者のための共闘クエストと気をつけるクエスト

kyoutou

最後の共闘半額期間 : 7月21日 ~ 8月4日
次の共闘半額期間 : 未定

共闘クエストは多くのメリットがあるため、課金の有無や戦力の上下に関係なく、多くのプレイヤーが参加するコンテンツです。しかし見知らぬ人とクエストに向かうということもあり、「どんな風にやればいいんだろう?」と不安に思うことも多いと思います。そこで、ここではまず共闘クエストにおける本当のメリットを簡単に説明した後に、共闘クエストに参加するためのやり方や簡単なマナーなどを解説します。この記事を読み終わると、共闘クエストが開始してから終わるまでの一連の流れと、どんなことを目標に進めればいいかがわかるようになります。

無課金攻略TOP
▲日課とイベント情報を毎日更新!無課金攻略TOPはこちら

初心者が共闘クエストに参加するメリット

メリット1 参加する際は全て無料

共闘クエストは、ルームを作成してそこに集まった4人で行うマルチバトルですが、クエストを設定する(自発する)人以外はAPが完全無料で参加することができます。そのため、時間をかければかけるほどメリットを享受できるようになります。無課金にとってこれほどいいコンテンツはありません。

メリット2 ガチャチケがもらえる

共闘クエストには「ミッション」があり、このミッションをクリアするとMP(ミッションポイント)がもらえます。このミッションポイントは様々なアイテムと交換することができ、そのうちの1つに「レジェンドガチャチケット」があります。無課金で始めた方にとって、これは非常に重要になります。

交換の仕方

共闘TOP > デイリーミッション(アイコン) > ミッション報酬を確認

ミッションは1日3個あるため、ミッションポイントは毎日3つ貯められます。さらに、ミッションを全てクリアすると、「碧空の結晶」というアイテムがもらえます。これは後々非常に重要になるのでコツコツと貯めておくようにしましょう。

メリット3 半汁が集まる

共闘クエスト内の敵は稀に「エリクシールハーフ」(通称:半汁)が手に入ります。確率はそこまで高いわけではありませんが、運が良ければ一時間で数十個集まることもあるので、時間がある場合はここで貯めることができるので非常にお得です。さらに、自発でなければ時間をかければかけるほど集まるので、時間があるときはひたすらにやることをオススメします。

メリット4 ルピが集まる

クエスト内の宝箱から落ちるコインや専用アイテムは、「トレジャー交換」によってルピに変換することができます。中には一つ5000ルピで交換できるものもあり、非常に良い金策になります。ランクが上がっていくにつれて、ルピの消費もどんどん激しくなっていくので、コツコツ積み上げていくことが後半の伸びを助けてくれます。

参加するときのルールとマナー

部屋に参加する

部屋に参加する流れは以下の通りです。

共闘TOPに行く

kyouyou1
▲共闘トップはメニューの真ん中にあります。

参加を押す

kyoutou2
▲この画面では、参加の他にも「ミッション」の確認や、自分で部屋を作って招き入れる「仲間を集める」機能もあります。

募集リストから入る部屋を探してタップ

kyoutou3
▲共闘はとても人気のコンテンツなので、部屋が空いているように見えてすぐに埋まってしまいます。入りたい部屋を見つけたら迷わずタップしましょう。入れなかった場合は「全て」の右にあるリロードボタンで部屋の情報を最新にしましょう。

入る部屋の選び方

いざ部屋に入ろうとしても、どんな部屋に入っていいか分かりにくいと思います。ここでは、共闘クエストのルーム名でよく使われる用語と、その解説をしながら初心者でも入りやすい部屋の見つけ方を紹介します。

用語名 意味
N / H それぞれNはノーマルレベルを、Hはハードレベルを指します。また、後ろの数字はだいたい行う回数が示されます。
具体例:N4(ノーマルレベルを4回行う)
スラ爆 スライム爆破の略。Hardのステージ2「黄昏に眠りて」というクエストを周回するための部屋という意味で使います。この部屋ではみんなで一定の行動を示し合わせて行うことで効率良く行うことを目的にしているので、初心者には向きません。
(空欄) 基本的にはセオリー通りにやりますという合図。おおよそ回数は1~3回ほどのことが多く、部屋を建てた人のタイミングで解散されます。ある意味初心者でも入りやすく、気楽に参加できます。

初心者は部屋名に「N」とついているか、もしくは「 」(空欄)となっていて、かつ「誰でもOK」のラベルが付いているものをおすすめします。戦力としてはSR方陣武器が何本か揃っているくらいであれば問題ないでしょう。また、火力が出ないうちはデバフアビリティやトレジャーハントなどを積んでいくと貢献度が稼げる上に、パーティの助けになるので喜ばれます。

共闘でのマナー

クエスト準備は素早くしよう!

共闘クエストは部屋を建てた人がクエストのAPを払って部屋に貼ってくれます。しかし、全員が「準備完了」の状態にならないと始めることができません。そのため、準備が遅いと他の人を待たせてしまうので、以下の点に気をつけておきましょう。

  • 各属性の編成はあらかじめセットしておく
  • クエストが貼られたらすぐに「クエスト準備」を押して、サポート石を選ぶ
  • 「準備OK」を押して完了状態にする。
  • 抜けた人をサポート石に選択しているとエラーで入れないので、人が入れ替わったらサポート石を選択し直す。

kyoutou-error

特に最後の注意点に関しては、クエストを張った人にしかエラーが出ないので、エラーを起こしている原因である人自身が気がつきにくい仕様になっています。このような状態を防ぐためにも、人が入れ替わった際には、改めてサポート石を選び直すことを心がけましょう。また、サポート石がほぼ同じ(例えば全員アナトなど)のときは、できるだけクエストを張った人を選択するようにすると、このようなエラーを防ぐことができるのでおすすめです。

退室のタイミング

部屋名に回数が書いてある場合は、その回数分は全てやりきるのがマナーとなっています。例えば、「H3」や「H2 4回」など書かれていた場合は、それぞれ3回と4回行ってから退室するべきでしょう。理由としては、途中で退室者が出ると戦力が不足したり、前述したエラーに気がつかずに進行が止まってしまう可能性があるからです。空欄のルームに入った場合は、基本的には1~3回ほど繰り返すと、部屋を建てた人が「お疲れ様スタンプ」or「ありがとうスタンプ」をだしたり、部屋を解散してくれたりします。

もし部屋が解散する前に抜けなければならない場合は、「ありがとうスタンプ」や「お疲れ様スタンプ」など、離脱する旨を伝えてから退室しましょう。

退室のやり方

退室するときは必ず共闘画面下の「退室」を押しましょう。マイページに戻ったり、ブラウザをそのまま閉じてしまうと、共闘部屋に残り続けてしまい他の人が待ち続けてしまいます。周りの人からは、放置した人が準備に手間取っているだけなのか、離脱してしまったのか判断する術はありません。部屋が解散する前に退室する場合はこれを徹底しましょう。

部屋の作り方

ここでは、ミッションクリアのための、共闘部屋の立て方について説明します。まずは共闘TOPに行ったら、「仲間を集める」をタップします。仲間を集めるときは、Rank制限をかけたり、募集内容に沿ったラベルをつけたり、コメントでやりたいクエストの内容を知らせることができます。(下記画像をスクロールすると全て見えます)

部屋を立てる

▲Rank制限は上位向けである「パンデモニウム」というレベルになるとよく使われます。

ここで大切なことが2つあります。1つはコメントにクエスト内容を書くこと募集リストに掲載するにチェックを入れることです。

コメントにクエスト内容を書く

例えば、自分のミッションが以下のようになっているとします。

共闘ミッション
▲HARDとついていないものがミッションにある場合は、Normalを指すので、HではなくNにしましょう。

この時、自分が自発しなければクリアできないミッションが「Stage6 Hard “情熱は潰えず を一回クリアする」というものです。そのため、共闘ではこれをやることを知らせます。書き方はH6 1回のようにします。「H6」はHARDレベルステージ6であることを指し、そのステージを何回貼るかを「1回」と表します。

募集リストに掲載するにチェックを入れる

これを入れないと、同じ騎空団の人としか遊ぶことができず、ほかの騎空士の方に手伝ってもらえません。(同じ騎空団の方と遊ぶ場合にはチェックを入れましょう)
コメントを入れたことを確認してから、「募集する」をタップしてメンバーを集めましょう。

戦力の目安と気をつけるクエスト

戦力目安

ステージ 目安
Normal Stage 島HARDを一通り一人で倒すことができる。
HARD Stage マグナ確定流しができるかできないかのライン

▲そのステージを全て制覇するための目安です。実際には一緒に戦ってくれる人の強さに左右されます。

気をつけるクエスト

ここでは、NormalとHardのクエストの中でも事前知識がないと倒しにくいクエストをピックアップします。
ここに出ているクエストに当たった場合は、中級者くらいでも真剣に挑まないと負けるので気をつけましょう。

Normalステージ

Normalステージで気をつけなければならないのは、ディスペルを持つことです。これ以外はプレイング次第で相手の特殊技を回避できるので、何とかなることも多いです。しかし、ディスペルがないせいでダメージが通らずに負けてしまうということは頻発するので、火力がないうちはとにかくディスペルを持つようにしましょう。

禁止行動に関しては、主に「毒」と「カウンター」で発動することが多いです。最初は全て覚えるのは難しいので、このページを見ながら徐々に覚えていきましょう。

s00201
N2-1 暁を覚えず
特徴
通常攻撃がほぼ入らない
攻略法
召喚石・奥義でダメージを与える。
s00301
N3-1 熱烈アタック
特徴
毒状態にすると、HPが100,000回復してしまう
攻略法
相手に毒のアビリティを与えない。
s00306
N3-6 傀儡の眠りを
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
こちらの攻防バフに反応して「ミラーディスペラー」というリフレクトをつける特殊行動をするので、ディスペルを持っている場合は入れるようにしましょう。
s00405
N4-5 怒髪衝天
特徴
特殊技の「大爆発」で999,999ダメージ
攻略法
チャージターンが3なので、「グラビティ」などで伸ばしつつ、「ディレイ」も絡めてできるだけ特殊技を打たせずに勝ちましょう。
s00501
N5-1 針山の王者
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
こちらがカウンター系のアビリティ(例えばオイゲンの「インターセプト」)に反応して、相手もリフレクトをつけてきます。絶対にカウンターアビリティは打たないようにしましょう
s00503
N5-3 忠実なるしもべ
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
こちらの攻防バフに反応して「ミラーディスペラー」というリフレクトをつける特殊行動をするので、ディスペルを持っている場合は入れるようにしましょう。
s00603
N6-3 燃えよ高らかに
特徴
通常攻撃が入らず、灼熱を付与すると攻撃力が大幅UP
攻略法
1ターン経過すると、相手の特殊行動で敵自身に「腐敗」という一定ダメージを与えるスキルをかけるので、あとはこちらがターンを回せば勝手に倒れます。また、相手に「灼熱」を付与すると被ダメージが増えてしまうので、特に何もせずに回復と通常攻撃でターンを回しましょう。
s00604
N6-4 毒時々猛毒
特徴
毒状態にすると、HPが236,000(HPの1/5)回復してしまう
攻略法
相手に毒を付与しないで戦えば特に問題なし。
s00605
N6-5 暗中模索
特徴
「かくれる」によってダメージが通らなくなる。
攻略法
ディスペル必須。急がないのであれば40秒間待ち続ければ自然とデバフが消滅するので、そこから攻撃すれば倒せます。ただし、特殊技「一騎当千」による攻撃力UP+全体攻撃で一気に瀕死になることも多いので、主人公はビショップがおすすめ。
s00703
N7-3 そよ風の音色
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
防御DOWNのデバフをかけた状態で攻撃すると、リフレクトが発動してしまう。デバフをかけずに押し切るか、ディスペルを使ってクリアしていこう。
s00804
N8-4 藪を突けば奴がくる
特徴
毒状態にすると、HPが100,000回復してしまう
攻略法
絶対に毒状態を付与してはいけません。また、毒がかかっている際に攻撃を繰り返すと、与えたダメージよりも回復量が多く、共闘している人の足を引っ張る可能性があるので、気をつけましょう。

Hardステージ

Hardレベルでは、ディスペルを持つだけでなく、ある程度の戦力も求められます。また、Normalと同様に「毒」を入れて得する相手はほぼいないので、アビリティにセットしないようにしましょう。ある程度上級者の方におすすめしたいのはシュヴァリエソロに向かうような「闇ビショップ」の編成です。ディスペルをセットした上で、大きなダメージを受けつつも倒していくという流れが似ているので、編成セットを特別に作る必要がなく、再編成時間をカットできるためスムーズに進みます。

火力に自信がある方は押し通せることも多いですが、たまに「誰もディスペルがなくて死んだ」ということもありえますので、気を抜かずに攻略しましょう。

s00901
H1-1 猛兎の闘舞
特徴
「グラビティ」を打つと奥義ゲージが80%削られる
攻略法
グラビティを打たない。
s01001
H2-1 黄昏に眠りて
特徴
通常攻撃が通らない
攻略法
スラ爆のために使うクエスト。奥義と召喚石のダメージで押すか、無属性攻撃(クラリスの2アビなど)で対処しましょう。毒を入れても時間の短縮になります。
s01003
H2-3 火鳥炎舞
特徴
毒状態で全体大ダメージ
攻略法
毒を打たない。
s01006
H2-6 突風の号哭
特徴
HPが75%・50%・25%の時に全体ダメージ
攻略法
全体ダメージで3500~4000位のダメージが飛んでくるので、舐めてかかると全滅する可能性もあります。HPも200万を超えているので気を引き締めて挑みましょう。
s01106
H3-6 傀儡の見る夢
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
攻撃UPのバフを撃つとリフレクトが貼られてしまうので、ディスペルを持っていくほうがいいでしょう。もし持っていない場合はバフを使わずに素殴りでいきましょう。
s01205
H4-5 眥裂髪指
特徴
特殊技の「大爆発」で999,999ダメージ
攻略法
チャージターンを迎える前に倒し切りましょう。ダクフェを使ってチャージターンを伸ばしつつ、火力で押し切ることをおすすめします。反射アビリティをつけて返しても良いのですが、このためだけに反射キャラを編成するのは時間が勿体無いので、火力で押し切ったほうが効率的です。
s01301
H5-1 針山の覇者
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
こちらがカウンター系のアビリティ(例えばオイゲンの「インターセプト」)に反応して、相手もリフレクトをつけてきます。絶対にカウンターアビリティは打たないようにしましょう。
s01303
H5-3 違わぬ忠義
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
攻撃UPのバフを使うとリフレクトが貼られてしまうので、ディスペルを持っていくほうがいいでしょう。もし持っていない場合はバフを使わずに素殴りでいきましょう。
s01306
H5-6 刺激的な彼女
特徴
HP50%をきると全体に7,000ダメージ+腐敗
攻略法
奥義などで一気に押し切るか、防御スキルを張って耐えましょう。素のHPが高い場合はしっかりと回復しておけば耐えられますが、通常攻撃もそこまで低いわけではないので、油断しているとやられてしまいます。
s01403
H6-3 情熱は潰えず
特徴
通常攻撃が入らず、灼熱を付与すると攻撃力が大幅UP
攻略法
1ターン経過すると、相手の特殊行動で敵自身に「腐敗」という一定ダメージを与えるスキルをかけるので、あとはこちらがターンを回せば勝手に倒れます。
また、相手に「灼熱」を付与すると被ダメージが増えてしまうので、特に何もせずに回復と通常攻撃でターンを回しましょう。
s01404
H6-4 毒のち劇毒
特徴
毒状態にすると、HPが416,000回復してしまう
攻略法
相手に毒を付与しないで戦えば特に問題なし。
s01405
H6-5 五里霧中
特徴
攻撃UPとHP50%時に無敵状態
攻略法
攻撃UPのバフに反応して、無敵状態になる「かくれる」を発動されます。またHPが50%を切るとバフ等に関係なく発動してきます。
ディスペル必須。もしディスペルがいない場合は40秒間まってから攻撃するしかありません。
ヨダルラーハやサラーサの無属性ダメージがある場合は、「かくれる」の状態でも倒せるので、いざとなったら彼らで倒しましょう。
s01501
H7-1 飽食を知らず
特徴
強力な全体ダメージ
攻略法
特殊技の全体ダメージが高いので、ファランクスなどで守るか、しっかりHP管理をしましょう。
s01503
H7-3 から風の旋律
特徴
リフレクト(ダメージ反射)の特殊行動がある
攻略法
ディスペル必須防御DOWN状態で攻撃するとリフレクトが発動します。
s01603
H8-3 欠けた誇り
特徴
デバフが入らない素殴りでの戦い
攻略法
デバフが入らないので、スパスタ推奨。デバフなしでの殴り合いになるので、中級者ですらすぐに死ぬことがあります。いざという時に備えて蘇生役を連れて行くことをおすすめします。
s01604
H8-4 笑う大蛇
特徴
毒状態にすると、HPが100,000回復してしまう
攻略法
絶対に毒状態を付与してはいけません。また、毒がかかっている際に攻撃を繰り返すと、与えたダメージよりも回復量が多く、共闘している人の足を引っ張る可能性があるので、気をつけましょう。

グラブル