【グラブル】メインクエスト1章~14章の初心者向け攻略チャート&よくある質問まとめ

graburu-eyecatch

グランブルーファンタジー(グラブル)の、メインクエスト1章から14章までのクエスト一覧と初心者向けの攻略をまとめて紹介します。

メインクエスト15章~24章攻略はこちら!

メインクエスト攻略 – はじめに

『グラブル』のストーリーを楽しもう!

グランブルーファンタジーの大きな魅力の一つが、美麗なグラフィックやサウンド・豪華声優で演出された、奥深いメインシナリオやキャラクターの魅力が描かれたフェイトエピソードです。
まったりとシナリオを読みながら進めたり攻略済みのエピソードを読み返してみたりして、キャラを好きになったり世界観に入り込むのも、また攻略のモチベーションになること間違いなしです!

何をするべきか困ったら

初心者が序盤にやることまとめをご覧ください。

また、メインクエスト攻略においては以下の記事を参考に、色々な日課やミッションと並行して進めたり、課金が視野に入る方はスタートダッシュガチャとチケットでSSRキャラをゲットするのがたいへんオススメです。無駄なく戦力を強化して、ストーリーを楽しむ余裕を持ちましょう!

グラブル無課金攻略TOP
▲日課・イベント情報を随時更新!グラブル無課金攻略TOPはこちら!

スタダ・サプチケ
▲スタダ・サプチケの初心者おすすめキャラ一覧はこちら!

パネルミッション
▲初心者の道しるべ!パネルミッション報酬と内容一覧はこちら

メインクエスト一覧(1章~14章)

ポート・ブリーズ諸島

主な敵の属性:風属性

各話タイトルAP消費量開放される要素
【第1章】
風の出会い
5カタリナ加入(チュートリアル完了時)
【第2章】
操舵士の決意
6ラカム加入
グリフォン討伐戦(NORMAL)開放
【第3章】
帝国の真意
7
【第4章】
決戦!嵐の守護神
6バルツ公国が追加
ティアマト討伐戦(NORMAL)開放

攻略まとめ

序盤なので、きちんとキャラ・武器・召喚石の強化を行っていきましょう。
初期からSRカタリナ(水)、2章クリアでSRラカム(火)が加入します。
特にカタリナは1回上限解放を行うと取得可能になる「ライトウォール」が非常に強力です。使用したターン限定で被ダメージを40%減らしてくれるので、これでボスの特殊技を凌いで次ターンに「ヒール」で回復する動きができれば、序盤のボス戦は有利に立ち回れるでしょう。

また忘れてはいけないのが、ランク10になると共闘クエストが開放されることです。
共闘クエストは初心者卒業後も稼ぎに使う重要なコンテンツです!
下記の記事を参照してやり方やマナーを覚えましょう!

共闘クエスト
▲共闘クエストのやり方や各クエスト攻略はこちら

攻略で唯一気をつけるべきはティアマトです。
風属性の星晶獣ボスですが、今後は難易度HARDやティアマト・マグナなどマグナボスの周回を目指していく事になります。下記の記事から攻略法を確認しておきましょう。

島HARD
▲島HARDボス個別攻略と編成・立ち回りはこちら!

バルツ公国

主な敵の属性:火属性

各話タイトルAP消費量開放される要素
【第5章】
橙の島
9
【第6章】
想いは陽炎の如く
10イオ加入
ザリチュナルフレイム討伐戦(NORMAL)開放
【第7章】
地の底に眠るは…
11
【第8章】
鉄の巨人
12アウギュステ列島が追加
コロッサス討伐戦(NORMAL)開放
カジノ開放

攻略まとめ

6章クリアでSRイオ(水)が加入します。
イオは回復に特化した水属性のキャラで、1回上限解放を行うとカタリナの「ヒール」よりも強力な「ヒールⅡ」が取得可能になります。
またこれで恐らくプレイ開始時の無料10連ガチャで出たSRキャラと合わせて、例えば「相手が風属性ならアタッカー役として火属性のラカムを、そうでない場合はガチャ産のSRキャラを」というように編成の幅が広がるのではないでしょうか。

8章ボスのコロッサスは火属性の星晶獣ボスなので、基本的には水属性のカタリナとイオで有利が取れていますが、単体攻撃が非常に強力です。
相手のチャージターンが溜まって特殊技を撃ってくるのに合わせてカタリナの「ディスペルマウント」や「ライトウォール」でやり過ごすこと、回復を怠らないことを徹底すればより有利に戦えます。

さらに8章クリアでカジノが開放されます。
カジノでの稼ぎでは強力な水属性のSR武器や風属性最強のSSR召喚石が無課金で狙えるので、ぜひ優先してチャレンジすることをおすすめします!

カジノ
▲初心者おすすめカジノ稼ぎはこちら!

アウギュステ列島

主な敵の属性:水属性

各話タイトルAP消費量開放される要素
【第9章】
雲上の水平線
12インペリアルガード討伐戦(NORMAL)開放
【第10章】
征野の邂逅
13オイゲン加入
【第11章】
復讐の戦騎
14
【第12章】
大瀑布の決戦
15ルーマシー群島が追加
リヴァイアサン討伐戦(NORMAL)開放

攻略まとめ

10章クリアでSRオイゲン(土)が加入します。
オイゲンはシナリオ加入キャラでは初の土属性で、かつアタッカーとして優秀なアビリティを多く持つため、お世話になる初心者プレイヤーは多いのではないでしょうか。

12章ボスのリヴァイアサンは特殊技に気をつけるべきです。
全体1000ダメージ+攻撃力ダウンのデバフを撃ってくるため、回復アビリティのリキャスト待ち状態で食らってしまうと、そこから倒しきれずに通常攻撃でキャラがやられてしまう事故が起きやすいです。
カタリナの「ディスペルマウント」はパーティ全員がバトル中のデバフを必ず一回無効にできるという「保障」が付与される強力なアビリティです。1ターン目に忘れずに使っておき、特殊技が来るターンは「ライトウォール」で被ダメージも抑えましょう。

ルーマシー群島

主な敵の属性:土属性

各話タイトルAP消費量開放される要素
【第13章】
太古の森
15
【第14章】
薔薇散る剣閃
16ロゼッタ加入
エンシェントドラゴン討伐戦(NORMAL)開放

攻略まとめ

14章でSRロゼッタ(風)が加入します。
シナリオキャラでは風属性と水属性が2体ずつ加入しますが、次のシナリオキャラ加入は44章までありません。まずは14章までのクリアを目指しましょう!
その後はティアマトが他の星晶獣ボスより周回しやすいため武器が揃えやすい風属性か、シナリオキャラが強力な水属性でパーティを揃えて戦力強化を図るのがよいでしょう。

14章ボスの「緋色の騎士バラゴナ」はこれまでのシナリオボスの中でも1,2を争う強力なボスだと言えるでしょう。
しかし、これまでに星晶獣ボスをクリアしてきた皆さんなら攻略できるはずです。
まず事前に知るべき情報としては、緋色の騎士バラゴナは火属性です。ルーマシー群島は基本的に敵の属性が土属性のため、相性的に不利な水属性をベンチ入りさせて風属性キャラを中心にパーティを組んできたと思いますが、14章にはカタリナやイオを中心とした水属性メインの編成で臨みましょう。
またバラゴナ戦でもこれまでのボス戦と同じく、特殊技を撃たれるターンは最も注意して行動しましょう。
通常時は1000-2000ダメージ程度の全体攻撃、OD時は1800-1300ダメージ程度の単体攻撃をランダムに3回行うというもの。普通に受ければ即死は免れないので、カタリナの「ライトウォール」で耐える、もしくは敵のチャージターンを1つ減らす「スロウ」効果のあるアビリティ持ちのキャラで特殊技の回数を減らしましょう。

よくある質問まとめ

ゲームシステムについて

RankポイントとEXPの違いは?

Rankポイントは主人公のRankアップにのみ使用され、EXPは主人公のジョブレベル・キャラのレベルアップに使用されます。
主人公のRankアップでAP・BPが全回復してAPの上限が増えますので、序盤はメインクエストをどんどん進めるのがおすすめです。
マルチボス周回やワンパンにBPを使うようになってきたタイミングでRankアップのタイミングに気を配り、APが無駄にならないよう心がけましょう。
またキャラのレベルアップは基本的にクエストクリア時のEXPで十分なので、余った武器は強力な武器の強化に使いましょう。

AP/BPの回復ペースは?

APは5分毎、BPは20分毎に1回復します。
また初期状態ではRank100/AP90が上限です。Rank100で追加されるフリークエスト「星の瞬き」クリアでRank150、「星の囁き」クリアでRank175までキャップ解放されます。

AT(アサルトタイム)ってなに?

騎空団に所属しているとリーダーが定めた時間帯に発動する、ボーナスタイムです。
1日に2回、それぞれ1時間ずつ設定でき、発動時間中はバトル開始時からパーティ全員の奥義ゲージが100%になり、さらにバトルでの獲得ルピとEXPが1.2倍になります。
他にも騎空団に所属することで受けられるボーナスはたくさんあるので、ぜひ初心者向けの騎空団に所属するか、個人で立ててATを設定してみましょう。

ガチャ・スタダ等の課金コンテンツについて

宝晶石っていつ使うべき?

今すぐガチャ引きたい気持ちをグッとこらえ、レジェフェス期間中に一気に10連ガチャで使いましょう。
通常はSSRキャラ・召喚石の放出確率は3%ですが、レジェフェス期間中は6%まで上がります。この差は大きく、さらに10連ガチャはSR以上が1体確定します。
Rキャラはともかく、召喚石はカジノやイベントで無課金でも強力なSSRやSRが手に入るので、R召喚石は将来性が一切無く全てハズレと言っても過言ではありません。

グラブル