5分で分かるTop シェン(Shen)対策 | LoL攻略まとめ

5分で分かるTop シェン(Shen)対策

目次

 

どんなチャンピオン?

想定Role:Top、Tank
Kinkou3人衆の一人。味方チャンピオンの下まで飛んでいけるUltのおかげでマップ全体に大きな影響力を持つ事ができ、Split Pushという戦法を非常に得意とするチャンピオン。マナではなくEnergy(気)を持つタイプであり、相手の通常攻撃を無効化するW、Taunt付きのBlinkであるEなど使いやすいスキルが揃っている。リメイク後はよりTank寄りのチャンピオンになったといえる。

スキル

内気功(Ki Barrier)Passive

Ki Barrier

CD:10秒
スキル使用後、Shenは2.5秒シールドを得る。Shenのスキルが他のチャンピオンに影響を与える度にCDが4~7.5秒解消される(Shenのレベルに依存)。
アイテム等で増加したヘルスによってスケーリングされるため、Tankアイテムを積むとシールドの耐久値が更に高くなる。スキルをしっかりと当てるとによってCDの大部分が解消されることも相まって、リメイク後のShenは非常に耐久力が高い。


護刃招来(Twilight Assault)Q

Twilight Assault

Range無限、CD8~5秒、スロウ
使用時にSpirit Bladeを自身の下まで移動させ、次の3回の通常攻撃に追加魔法ダメージと射程増加効果を付与する。
また敵ユニットに移動中のSpirit Bladeが命中した場合、Shenから離れる場合のみ有効なスロウ(35%、2秒)を与える。加えて敵チャンピオンの場合は追加魔法ダメージが増加し、ASが50%増加する。
追加魔法ダメージは対象の最大ヘルスに比例したものとなるため、防具を優先しがちなShenでもダメージを出しやすくなる。
後述するEのダッシュとともに使用する事で敵チャンピオンの近くにSpirit Bladeを引き寄せつつ命中させるのが基本。


防人の帳(Spirit’s Refuge)W

Spirit's Refuge

CD18~12秒、通常攻撃無効フィールド
Spirit Bladeの周囲に、範囲内の自身と味方チャンピオンに対するタワー以外の通常攻撃を無効化するフィールドを張る。
フィールドは1.75秒間持続し、使用時にSpirit Bladeの周囲に自身/味方チャンピオンがいない場合2秒後に発動する。
JaxのDodgeを範囲内の味方全てに付与すると言えばその強力さが分かるはずだ。E>Q>Wとする事で自身にシールドを張りつつフィールドを展開し、後衛に飛び込めるのは大きな脅威となる。


殺気駆け(Shadow Dash)E

Shadow Dash

Range600、CD18~10秒、Taunt
このスキル、またはQで敵ユニットにダメージを与える度に「気」が回復するPassiveと、指定方向にダッシュしつつ、移動中に触れた敵チャンピオン/中立モンスターに物理ダメージとTaunt(1.5秒)を与えるActiveの2種類からなるスキル。QとEは「気」の消費が激しいので、後半はPassiveも役立ってくる。
リメイク前から変わらず優秀なTankスキルであることに加え、物理ダメージが自身の増加ヘルスに比例して大きくなるので、防具との相性が一層良くなった。
このスキルをCarryに当てられるかどうかでShenの技量が問われると言っても良いだろう。


瞬身護法(Stand United)R

Stand United

Range無限、CD180/150/120秒、味方にシールド
指定した味方チャンピオンに5秒間持続するシールドを張りつつ3秒間詠唱し、対象と最も近い敵チャンピオンの間に自身とSpirit Bladeをテレポートさせる。シールドの基礎値が高く、どこからでも味方のもとに駆け付けられるのが大きな強み(Grobal Ult)。
なお、詠唱完了前に対象のチャンピオンが死亡した場合、テレポートはキャンセルされる。意外と3秒は長いので、その間に詠唱を阻害できるか、あるいは相手を殺しきれるかの判断力が問われる。


注意すべき点

1. Ultによる援護
ShenをPickするのはこのスキルのためと言っても過言ではない。詠唱に時間を要するものの、他のレーンがGankを受けていても素早く駆けつける事ができるし、逆にこのスキルでGankを仕掛ける事も可能。中盤以降は離れた位置から集団戦に参加することが出来ることを活かし、TeleportがなくともSplit Pushを仕掛けられる。またシールドの量が非常に大きいのも特徴で、単純にCarryへのシールド付与だけでも有効。

2. WとEを組み合わせたTank能力
元々優秀なBlink+AoE TauntであるEに加え、通常攻撃を無効化するWという新たな武器を手に入れたことにより、敵後衛に飛び込みダメージを受け止める能力が大きく高まった。各種スキルの仕様により武器をそれ程積まなくても一定のダメージを出せる。
あるいはTryndamere、Master Yi、Fioraのような強力なAA Fighterを止めやすいのもShenならでは。相手の構成に合わせて柔軟な使い分けが可能だ。

カウンターピック

Vladimir

lol_ico_Vladimir

Push力/レーン維持力の高さ、集団戦でも失速しないスケーリング、距離を保ちつつ戦うことができるなど、Shenの弱点を突きやすい。
最序盤以外はスキルをガンガン回して戦えるので、じっくり有利を広げていこう。
ただしCCがWのスロウしかないので、Shenのテレポートを中断させる事ができないことには注意。


Cho’Gath

lol_ico_Chogath

Meleeだが強力なAoE CCを2種持っており、遠距離からのハラス手段のないShenに対して十分なサステインを備えている。
UltのTrueダメージ/最大ヘルス上昇も良い武器になる。スキルショットの精度次第で、防御面の強いShenといえどもキルをもぎ取れるだろう。
しかしながら、Cho’Gathは体が大きくBlinkスキルも持たないため、長いTopレーンではGankの的になりやすいことに注意しておこう。


相性の悪いチャンプ

Jax
Jax
Malphite
Malphite

Power Spike

Lv6到達時。マップ全体にプレッシャーをかけられる数少ないチャンピオンである。また、Sunfire Cape(Bami’s Cinder)が完成すると弱点であるPush力の低さを補えるようになり、ヘルスを積んだあとはTitanic Hydraでダメージ能力を補ってくる。

簡易対策

1. レーニングフェイズ
リメイク後のTank能力強化の代償に、Qによる継続的なハラスを失ったShenは、より相手に接近する形でのダメージ交換をせざるを得なくなっている。
自分が距離を取りつつ戦うのが得意なチャンピオン(Vladimir、Luluなど)を使っている場合には、EによるAll-inに注意しつつハラスで下がらせていこう。
近距離で戦うのが得意なチャンピオンの場合は、スキル主体なのか通常攻撃主体なのかで変わってくるだろう。Dariusのようにバーストダメージを出せる場合は相手のヘルスを計算しつつAll-in勝負に持ち込む事も可能だが、Jax/Tryndamereのようなチャンピオンの場合は集団戦に向けてできるだけファームする必要がある。
タイプに合わせた戦い方を心がけよう。

2. 中盤以降
ここまでで1on1に勝てる状態になっているかどうかで変わってくる。冒頭で述べた通りShenはUltを活かしたSplit Pushが得意なので、単独でPushを止める事ができるならばWardingを怠らず、Teleportを温存することで対抗できる。単独で対抗するのが難しければタワーを利用して耐えるか、別の場所でObjectを取られないように注意しつつ2,3人で素早く止めたいところ。
集団戦の最中はAoEのTauntが厄介。Flashを活用すると3人以上が巻き込まれる事もあるのでShenの位置をよく見ておこう。Tankyな装備を揃える事が多いので殺しきるのは難しいが、Tauntさえ回避できれば距離を取るのは難しくないので、こまめに移動しつつ戦おう。