5分で分かるTop ティーモ(Teemo)対策

目次

 

どんなチャンピオン?

想定Role:Top、AP Mage
珍しいBlind持ちのQ、通常攻撃に毒を付与するE、Teemoの代名詞ともいえるキノコの罠を設置するRなどを備えたチャンピオン。マップ全体に罠を仕掛けることができ、レーンでも強いので、非常に嫌らしいチャンピオン。

スキル

CamouflagePassive

lol_01Teemo_Passive_Camouflage

1.5秒間動かないでいるとステルス状態になる。移動する(させられる)か、行動を行うことでステルスが解除される。解除された後は3秒間ASが上昇する。リコールの際など視界を失っていると、思わぬところに潜んでいたりする。草むらを利用したステルス化なども対処が難しい。




Blinding DartQ

lol_02Teemo_Q_BllindingDart

Range580、CD8秒、Blind
対象指定のダメージスキル。ダメージと同時に1.5~2.5秒のBlind(通常攻撃が必ずMissになる)を付与するので、AA依存のチャンプには驚異となる。APレシオも高い。




Move QuickW

lol_03Teemo_W_MoveQuick

自身に効果、CD17秒
PassiveでMSが増加し、Activeで更に倍の効果を得る。Passiveの場合はチャンピオンかタワーのダメージで効果が切れるが、Activeの最中は効果が切れない。逃げ腰になると、これによって追撃を受ける。




Toxic ShotE

lol_04Teemo_E_ToxicShot

自身に効果、Passiveスキル
AAに追加ダメージを付与し、更に毒によるDoT(持続)ダメージを与える。毒は4秒間持続する。序盤はQ>AAのダメージが大きく、ちょっとしたダメージ交換の場合Blindも相まってダメージ負けしやすい。




Noxious TrapR

lol_05Teemo_R_NoxiousTrap

Range300~900、効果範囲400、CD1秒(スタック増加35~17秒)、Slow
指定地点にキノコの罠を設置し、踏んだユニットと周囲のユニットにDoTダメージとスロー(30~50%)を与える。設置したキノコは1.5秒後にステルスになる。マップ上の様々な地点にキノコを仕掛けることで視界確保とダメージを両立できる。キノコはステルス看破によって破壊可能。




注意すべき点

1. 序盤に強い
Rangedであり、QにBlindやEの追加ダメージも相まって、特にTopのMeleeチャンピオンは厳しい時間を過ごす事になるだろう。通常攻撃・スキルともに射程はそれ程長くないが、サイドレーンはMidに比べて長いので、長時間追撃を受けやすい。

2. キノコの罠
スタックの増加時間が短く、一度仕掛けると5分間持続することから、Topレーンの周辺にばら撒かれる事が多い。うっかり踏んでしまうと長時間のスローとダメージを受けてしまう。視界確保効果もあるので、Gankの阻止にも使われる。

カウンターピック

Rumble

Rumble

オーバーヒートしない限りAAに依存しないので、Blindの効果が薄い。また序盤から強く、スキル回転率も高いので、Teemoの強みが活かせない。


Pantheon

Pantheon

PassiveのAAシールド、回転率の高いQ、Wを絡めたスタンコンボなど、Teemoの天敵と言っても過言ではない。マナが尽きない限り近寄れない。


相性の悪いチャンプ

Garen
Garen
Nasus
Nasus

Power Spike

Haunting Guise完成~Nashor完成あたり。後半は比較的スケールダウンしていく。

簡易対策

1. 序盤はセーフプレイ
Teemoの強い時間帯は序盤~中盤にかけてであるため、自身が余程序盤に強いチャンプを使わない限り、安全策を採るのが無難。レーンを押し込みすぎず、無用なダメージをなるべく受けないようにファームを続けよう。Tank系のチャンプであれば初手でMRアイテムを積むと楽になる。

2. Gankを呼ぶ
WによるMS増加があるものの、逃げが強いわけではない。特にLv6に到達する前であれば、キノコを撒いてGankを阻止することができないので、早めのGankを呼び込むと楽に序盤を過ごすことができる。

3. ステルス看破アイテムを利用する
中盤~後半にかけてのTeemoの強みは、キノコによるマップ制圧力の高さである。DragonやBaron周辺、自陣Jungleなどには基本的にキノコがある前提で行動し、Sweeping(Oracle) Lens、Vision Wardなどでこまめにキノコを排除しよう。自分ひとりでは限界があり、Baitの危険もあるので、味方の協力を仰いで視界を確保できるとなお良い。