操作方法

目次

 

移動関連

移動方法

League of Legendsでの移動方法はマウスの右クリックで行う。
移動には以下の方法が存在する。

右クリック

右クリックを行うことでチャンピオンはクリック(指定)した場所へ移動する。

右クリックをした場合

マウスの右ボタンを押し続ける

マウスの右ボタンを押し続けた場合はマウスカーソルの方向へ移動し続ける。

マウスの右ボタンを押し続けた場合

Aキーを押した後に左クリック

本来Aキーは攻撃対象を指定するものだが、左クリックで対象ではなく、場所を指定した場合はその指定場所に移動する。また、移動途中に攻撃可能な対象が存在した場合はそちらを攻撃する。

Shiftキー+右クリック

こちらも指定場所に移動中、攻撃可能な対象が存在した場合はそちらを攻撃する。

移動の中止方法

Sキー

移動を中止したい場合はSキーを押下することでその場に止まる。
この場合、移動と攻撃を中止する

Hキー

Hキーを押すことでその場に止まることが出来る。さらに範囲内に敵がいた場合は攻撃を開始する

帰還方法

ステータスバーの右側、Recallアイコンをクリック

lol_hto_back_1

Bキー

キーボードのBキーを押下することでRecallのモーションを始める。

攻撃方法

右クリック

右クリックには移動のほかに攻撃対象を選択する機能がある。
攻撃可能な対象にマウスカーソルを合わせると指のカーソルから剣のカーソルに変化する。
この状態で右クリックを行うことで対象を攻撃する。

lol_hto_attack01

Aキーを押した後に左クリック

右クリックで対象を攻撃しようとした際に、マウスカーソルが少しずれて移動になってしまうことがある。
Aキーを押して対象を左クリックで指定した場合、チャンピオンの攻撃範囲内に対象の敵がいた場合はその敵を攻撃。
対象を指定したが、チャンピオンの攻撃範囲に入っていない場合、攻撃範囲に入るまで移動を続ける。
攻撃対象を指定せず地点のみを指定した場合、その場所まで移動する。攻撃可能な対象がいた場合、その対象を攻撃する。

lol_hto_attack02

Shiftキー+右クリック

指定場所に移動中、攻撃可能な対象が存在した場合はそちらを攻撃する。

スコアボード

「Tab」キーを押下

ゲームプレイ中、いつでも「Tab」キーを押下することで現在の両チームのスコアを確認することが出来る。

lol_hto_score

スキル関連

スキルの習得方法

スキルアイコン上部のlol_hto_skill_00アイコンを左クリック

lol_hto_skill01

Ctrl + Q~R

各スキルはキーボードのQ,W,E,R,に対応している。
Ctrlキーを押しながらQ,W,E,Rのいずれかを押下するとキーボードに対応したスキルを習得することが出来る。
lol_hto_skill_002

スキルの使用方法

スキルアイコンを左クリック

スキルアイコンを左クリックすることで各スキルを発動することが出来る。
スキルは4つのタイプがあり、必ずしも1度のクリックでスキルが発動するとは限らない。
1.アイコンをクリックした後に、左クリックで方向 or 対象を指定するタイプ
2.アイコンをクリックした瞬間に発動するタイプ
3.アイコンをクリックすることでスキルの切り替えが出来るタイプ
4.アイコンのクリックが出来ないタイプ(スキルを習得している状態であれば、常にスキルが発動している)

スキルアイコンに対応するキーを押下

各スキルはキーボードの「Q」「W」「E」「R」とサモナースペルの「D」「F」に対応している。
Q,W,E,Rいずれかのキーを押下することでスキルが発動する。
lol_hto_skill_003
スキルは4種類のタイプがあり、必ずしも1度の押下でスキルが発動するとは限らない。
1.対応するキーボードを押下した後に、左クリックで方向 or 対象を指定するタイプ
2.対応するキーボードを押下した瞬間に発動するタイプ
3.対応するキーボードを押下することでスキルの切り替えが出来るタイプ
4.対応するキーボードを押下出来ないタイプ(スキルを習得している状態であれば、常にスキルが発動している)

アイテム関連

アイテムショップの開き方

アイテムショップはいつでも、どこでも開くことが出来る。
ただし、アイテムの購入は拠点にいる商人の近くのみなので注意!

Pキー

ゲーム中、Pキーを押下することでアイテムショップを開くことが出来る。

拠点にいる商人を左クリック

商人にマウスカーソルを合わせると指のカーソルから袋のカーソルに変化する。
この状態で左クリックすることでアイテムショップを開くことが出来る。

lol_hto_item01

アイテムの購入方法

アイテムの購入は拠点の商人付近でないと行うことが出来ません。
また、相手チームの商人付近ではアイテムを購入出来ません。

購入したいアイテムを左クリックで選択して「BUY」ボタンを左クリック

lol_hto_item02

購入したいアイテムをダブルクリック

購入したいアイテムのアイコンをダブルクリックすることで購入が出来る。

購入したいアイテムを右クリック

購入したいアイテムのアイコンを右クリックすることで購入が出来る。

アイテムの返品方法

アイテムショップで誤ってアイテムを購入した場合、拠点の商人付近にいる場合のみ「UNDO」というボタンが表示される。
この「UNDO」ボタンをクリックすることで間違えて購入したアイテムを返品することが出来る。
一度拠点の外に出てしまうと「UNDO」ボタンが表示されないので注意しよう。

lol_hto_item03

アイテムの使用方法

使用したいアイテムのアイコンを左クリック

使用したいアイテムのアイコンを左クリックすることで発動する。

使用したいアイテムに対応したキーボードを押下

各アイテムはキーボードの「1」「2」「3」「4」「5」「6」「7」に対応している。
所持しているアイテムにActive効果のある場合は対応したキーボードを押下することで効果が発動する。
lol_hto_item04

カメラ関連

カメラモードの中央固定とフリールック

「Y」キーを押下することで中央固定とフリールックとの切り替えが出来る。

中央固定

初めてLeague of Legendsをプレイした場合、初期設定として中央固定になっている。
中央固定とは、自身が操作するチャンピオンを常に画面の真ん中に捉えているカメラの状態である。
自身を中心に画面の表示がされるため、少し離れた場所などをカメラで映すことが出来ない。(右下のミニマップを操作することで表示は可能。)

中央固定の場合

フリールック

フリールックとはカメラの操作をプレイヤーが行う状態。

フリールックの場合

チャット関連

味方に向けたチャット

ゲームプレイ中、「Enter」キーを押下することでチャット画面が表示される。
現在、日本語には対応していないため、英数字での入力となる。
入力が完了したら、再度「Enter」キーを押下することでチャットを送信する。

lol_hto_chat01

全体に向けたチャット

ゲームプレイ中、「Shift」キー+「Enter」キーを押下することで全体チャットを入力することができる。

lol_hto_chat03



初期設定では全体チャットを表示しない設定となっているため、以下の手順で全体チャットを有効にしよう。
全体チャットを有効にする設定
1.「Esc」キーを押す
2.INTERFACEタブをクリック
3.Chat項目のShow [All] Chat (Matched Games)にチェックを入れる。
4.「Okay」ボタンをクリック
lol_hto_chat021

チャットの履歴を確認する方法

「Z」キーを押下することでチャットの履歴を確認することが出来る。

チャットコマンドリスト

コマンド説明
/helpチャットコマンドの一覧とそのコマンドの説明を表示する。
/surrender
/ff
ゲームの降参投票を始める。
このコマンドが使用できるのは、ゲーム開始から20分以降。Dominionは15分以降。
/joke
/j
Ctrl + 1
チャンピオンが冗談を言う。
チャンピオンによって台詞と動作が異なる。
/taunt
/t
Ctrl + 2
チャンピオンが挑発を行う。
チャンピオンによって台詞と動作が異なる。
/dance
/d
Ctrl + 3
チャンピオンがダンスを始める。
チャンピオンによって動作が異なる。
/laugh
/l
Ctrl + 4
チャンピオンが笑う。
/allこのコマンドを先頭につけて発言すると、ゲーム内の敵味方関係なく全員にチャットを送ることができる。
Shift + Enterを押すと自動で先頭に /all がつく。
/w [summonername]個人に対してチャットを送る。Whisper(ささやき)。
/rこのコマンドを先頭につけて発言すると、最後にWhisperを送ってきたプレイヤーに対する返信になる。
/ignore [対象]
/mute [対象]
[対象] には、プレイヤーネームまたは ally (味方全員), enemy (敵全員), all (全員) が指定できる。
指定したプレイヤー、または指定した範囲のプレイヤーをignore listに追加する。ignore listから削除しない限り、そのプレイヤーのチャットが表示されなくなる。
/pause
/p
一時的に試合を停止することが出来る。/resumeで解除。(トーナメントのみ使用可能)
/resume
/unpause
停止した試合を再開する。(トーナメントのみ使用可能)

Ping

チームメイトと意思疎通をする方法は、チャットの他にPingというものがある。
Pingには様々な種類が存在するので覚えておこう!
また、Pingの種類についてはこちらで詳しく解説しています。

Gキー or Altキー+左クリック

何かを知らせたいときに使用
ワードの位置や敵の位置など

Vキー or Ctrlキー+左クリック

危険や警告
敵の接近を告げるものや、危ないから下がれという忠告の意。
音が一番うるさいことから多様される。

自陣のタワーにカーソルを当ててGキー or Altキー+左クリック

守護要請
自陣のタワーやインヒビターが壊されそうなときに「守って欲しい」という要請の意

敵チャンピオンや敵タワーにカーソルを当ててGキー or Altキー+左クリック

攻撃を集中(フォーカス)させろという意
イニシエートする時や、交戦時に集中攻撃するべきである相手を指示する。相手のADCやMIDなどの高火力carryに優先して付けられる

Altキー+左クリックしたまま上にドラッグ

危険や警戒
黄色「!」と似たような用例だが、こちらはドラゴンやバロンの際に使われることが多い

Altキー+左クリックしたまま右にドラッグ

進行の意図を知らせる
今からその場所へ向かうという意。ガンクへ向かう時や、攻撃を切り出すときの意思表示

Altキー+左クリックしたまま下にドラッグ

援護要請
襲われているときや、ガンクが欲しいとき、これから戦いが起こりそうな時に用いられる

Altキー+左クリックしたまま左にドラッグ

敵の不在(Mia)を知らせる意
敵がレーンから居なくなった時や、所在が知れない時にレーンの上に表示することが主。レーンから相手チャンプが消えたということは、間接的に他レーンへのガンクの可能性を示唆している。MAPを見て警戒しよう

冗談、挑発、ダンス、笑う

冗談、挑発、ダンス、笑うは各チャンピオンによって変化する。
これもまたLoLのひとつの楽しみ方なので戦いに疲れた頃に試していただきたい。

冗談

チャットウィンドウに「/joke」「/j」を入力することでチャンピオンが冗談を言う。
Ctrl + 1 を押下することでも動作する。

挑発

チャットウィンドウに「/taunt」「/t」を入力することでチャンピオンが挑発を行う。
Ctrl + 2 を押下することでも動作する。

ダンス

チャットウィンドウに「/dance」「/d」を入力することでチャンピオンがダンスを始める。
Ctrl + 3 を押下することでも動作する。

ダンス

チャットウィンドウに「/laugh」「/l」を入力することでチャンピオンが笑う。
Ctrl + 4 を押下することでも動作する。

ダンス

Ctrl + 5 を押下することで一部のチャンピオンは特別なダンスを始める。
それ以外はアクション停止

チャンピオンマスタリーの表示

Ctrl + 6 を押下することでチャンピオンマスタリーがチャンピオンの頭上に表示される。(Champion錬度が5以上になっている場合)

Surrender(サレンダー)、降参方法

ゲームプレイ中、どうしても勝てない状況が出てきた場合に降参をすることができる。
サレンダーはゲーム開始から20分経過以降であればいつでも可能。(Dominionは15分以降)
味方チームの半数以上の投票があった場合、降参が可決される。

チャットウィンドウに「 /surrender 」と入力

lol_hto_surrender02

チャットウィンドウに「 /ff 」と入力

lol_hto_surrender01

「Esc」キーから「Surrender」ボタンをクリック

lol_hto_surrender03

Disconnect(ディスコネクト)、DC

ゲームプレイ中、そのゲームから離脱することが出来る。
離脱したプレイヤーにはペナルティが課せられる。
また、味方がディスコネクトをした場合は4vs5の状態になる。
味方に迷惑がかかり、自分自身もペナルティを受ける行為
「Esc」キーから「Exit Game」ボタンをクリック