Patch 6.3 シン・ジャオ(Xin Zhao)Jungleガイド | LoL攻略まとめ

Patch 6.3 シン・ジャオ(Xin Zhao)Jungleガイド

XinZhao_0

Patch 6.3になり、様々なチャンピオンに変更がもたらされました。その中で目を引くのがシン・ジャオ(Xin Zhao)です。これまで魔力(AP)シン・ジャオという半ばネタではないか(回復量が多く、そこそこ強かった)と言われるビルドはありましたが、Patch 6.3になり「W – 気焔万丈(Battle Cry)」の回復に攻撃力(AD)レートが追加されたことで、ジャングルでの被害を最小限に抑えて積極的に奇襲(Gank)を行うことが出来るようになりました。ここではPatch 6.3で大きく変わったXinZhaoについて記述していきます。
 

 

Patch 6.3での変更点
「W – 気焔万丈(Battle Cry)」の回復に攻撃力レート(0.2)が追加

わずか0.2ではありますが、これによりJungleをより安全に回ることができる上に十分な体力(Health)を確保している状態で各レーンへの奇襲(Gank)が可能になりました。

「W – 気焔万丈(Battle Cry)」 攻撃3回ごとにクリティカルが発生

これも「W – 気焔万丈(Battle Cry)」に新たに追加された自動効果(Passive)だ。Wをレベル1でも取得していれば3回攻撃ごとに必ずクリティカルが発生する。Wのレベルにより25/37.5/50/62.5/75%のクリティカルダメージを付与する。

「E – 兵貴神速(Audacious Charge)」のクールダウンが一律12秒

「E – 兵貴神速(Audacious Charge)」のクールダウンが12秒一律になりました。これにより、序盤のジャングルでの範囲ダメージ源としての活用が可能に。それ以外はそこまで影響が無いように感じます。多分。

ルーンとマスタリー
ルーン

ルーンはADC汎用の物理ダメージ、物理防御、攻撃速度、魔法防御を採用。
 
lol-xin6.3rune
 

マスタリー

マスタリーは「Fervor of Battle」をキーストーンに設定した構成で。タンク寄りにしたい場合は、「Strength of the Ages」を。
 
lol-xin6.3mastery1
 
lol-xin6.3mastery2

スキル振り例:Jungle
Q28101213
W14579
E314151718
R61116

 

アイテムビルド

スタートアイテムは machete マチェットhppot ポーション×3が基本となる。
Wの回復効果が上がっても序盤はLv3Gankも視野にいれるとそれなりにHealth(体力)が減るため、赤ポーションを3つ買う。ジャングルを1周した後はポーションを使わずにHealthを保ったままジャングルを回れます。50Gold余った時に hppot ポーションを買うくらいなら少し待ってhppot Vision Wardを購入しよう。
 
スマイトは Challenging Smite(通称:赤スマイト)を選択。赤スマイトには敵チャンピオンに使用後、通常攻撃を行うことでTrueダメージを与える効果があります。元々シン・ジャオ自身1対1の状況ではかなり強く、ジャングル内で敵ジャングラーやチャンピオンに遭遇した場合に赤スマイトを使用することで、その性能+α以上のダメージを叩きだす事が可能だ。さらに奇襲(Gank)の成功率も大幅に上昇するため、選択しないという選択肢は存在しないだろう。
 
コアとなるアイテムは以下の2点。
sabre-sated(スカーミッシュセイバー – セイトデバウアー) guinsoo(グインソー・レイジブレード)
この2つを真っ先に目指しますが、デバウアーとグインソーの間にsabre-sated(スイフトネスブーツ)を購入し、移動速度をアップします。
コアアイテムが完成したら、visage(スピリット・ビサージュ) steraks(ステラックの篭手)などのタンクアイテムを購入していきます。
デバウアーとグインソーを持つだけで十分すぎる火力が出ますので武器は積まなくてもいいと思います。火力が高くても防具がないと集団戦でフォーカスされて即死してしまうので、防具を積みましょう。スピリット・ビサージュの回復効果20%上昇はWの回復にも反映されますので、敵のADチャンピオンが育っていない限り、先に積むといいでしょう。
 

立ち回り

基本的に 「E – 兵貴神速(Audacious Charge)」で対象に飛びつき、「W – 気焔万丈(Battle Cry)」→ 「Q – 三槍撃(Three Talon Strike)」の順にスキルを使用します。
「Q – 三槍撃(Three Talon Strike)」の効果中、通常攻撃を与えることで 「W – 気焔万丈(Battle Cry)」や「E – 兵貴神速(Audacious Charge)」「R – 三日月槍舞(Crescent Sweep)」のクールダウンが1秒ずつ短縮されます。

奇襲(Gank)

レーンへの奇襲を行う際に注意する点は2点

  • マナが十分にあるか(E→W→Q使用時のマナ消費は合計で130)
  • スマイトが使用出来る状態か

マナに関しては上記のとおり、マナ消費は合計で130である。ジャングルを回っている際に最もマナ消費の激しいEを頻繁に使用していない限り大丈夫だろう。また スカーミッシュセイバー – デバウアーが完成していればスキルを使用せずとも十分な早さでジャングルを回ることが出来る。
 
Challenging Smite(通称:赤スマイト)は、敵チャンピオンに使用することで4秒間Debuffを付与する。Debuffを付与した対象に通常攻撃を行うことでTrueダメージを3秒かけて与えることができる。Trueダメージは敵チャンピオンがAR(物理防御)やMR(魔法防御)を上げていた場合でも確定で入るダメージなので奇襲(Gank)を行う際は使用可能であるかどうか必ず確認をしよう。これにより奇襲(Gank)の成功率が大幅に上がる。
 
実際に奇襲(Gank)を行う際の操作としては敵チャンピオンに Challenging Smiteを使用、「E – 兵貴神速(Audacious Charge)」でChallenging Smiteを使用した対象に飛びつき、「W – 気焔万丈(Battle Cry)」→ 「Q – 三槍撃(Three Talon Strike)」の順にスキルを使用する。あとはQによる効果で通常攻撃3回目に打ち上げが入る。あらかじめ奇襲(Gank)に行くという意思を味方レーナーに伝えておけば大抵の敵は倒すことが出来るだろう。それでも倒しきれない場合は 「R – 三日月槍舞(Crescent Sweep)」を使用しよう。

集団戦

集団戦をするころにはシン・ジャオの装備はタンク寄りのものになっていると思う。集団戦ではいかに敵のADC、もしくはダメージを出しているMidレーナーを倒すかが重要になってくる。シン・ジャオの 「R – 三日月槍舞(Crescent Sweep)」は、命中させた敵Championの数に比例して自身のAR(物理防御)とMR(魔法防御)を6秒間増加させる効果を持つ。さらには周囲の敵ユニットに物理ダメージとKnockback及び0.75秒のStunを与える。これを敵集団のど真ん中で発動することで人数差を生み出すことができ、敵ADCへの障害(敵のタンクやサポートなど)を取り除き自身は硬くなることができる。あとは敵ADCやMidレーナーを優先して倒すことで集団戦は優位になるはずだ。
 
「R – 三日月槍舞(Crescent Sweep)」で敵を弾くことで味方に危害を与える場合があります。むやみな使用はご注意ください。

 

最後に

バフを受けたことによりかなり強くなりました。フルビルドでなくとも20分でソロバロンができたり、1対4でも勝ててしまうほどに。Eで飛びついてWQを使って殴るだけと、やることも少ないので初心者にもおすすめのチャンピオンです。