クイックキャスト(スマートキャスト)について

lol-quick1-icatch

クイックキャスト(旧名:スマートキャスト)とは

 
デフォルト設定のノーマルキャストとは違いクイックキャストは最速でスキルが打てるようになる設定です。
デフォルト設定ではShift + スキルキーでクイックキャストとなります。
 
画像はクイックキャストが全てONの状態

lol-quick1

スキルの発動手順

スキルの発動手順はノーマルキャストとクイックキャストで違います。
 

 

ノーマルキャスト

1. スキルキーを押す
2. スキルの射程、カーソルが出る
3. 方向指定の場合、打ちたい方向。対象指定なら対象にカーソルを合わせて左クリック
4. スキルが出る

このような順番でスキルを発動させますね。(Ignite,トリンケットなども一緒)
 

クイックキャスト

1. 打ちたい方向、対象にあらかじめカーソルを合わせておく。
2. スキルキーを押す
3. スキルが出る

このような順番でスキルが発動するようになります。

クイックキャストのデメリット

クイックキャストは先にカーソルを合わせる必要はありますが、キーを押した瞬間に発動するため最速でスキルを打てるようになります。
スキルを早く打てるのはいいのですが、もちろんデメリットもあります。
まず、インジケーター(範囲)が表示されなくなります。
方向指定の場合ですと方向は表示されませんし、対象指定の場合対象が範囲外にいるときに指定してしまうと、対象に歩いて近づきます。
スキルを最大距離で当てるのも難しくなるでしょう。
また、集団戦などで慌ててしまい、対象選択、方向指定を誤ってしまうこともあるでしょう。プロでもミスします。
 

 

インジケーターを表示

クイックキャストよりは発動が若干遅くなりますが、インジケーターを表示させる方法があります。
Hotkey設定の下のほうにQuick Cast With Indicatorの設定があるので、上のほうにチェックを入れてください。
 
画像赤枠内
lol-quick2
 
※日本語化している場合
lol-quick3
 
これにチェックをいれることで、キーを押している時は射程を表示し、キーを離すと発動するようになります。
クイックキャストを使いたいけどまだ慣れない・・・という人はこれで練習するといいでしょう。
 
ちなみに下の設定は、範囲付きクイックキャストにしている場合、通常ならキーを押したまま別のキーを押すと後から押した物の範囲が表示され、スキル発動は先にキーを離したものとなるが、設定をONにするとキーを押したまま別のキーを押すとその時点で前に押していた物が発動するようになる。

結局どれがいいのか

ノーマルキャスト、クイックキャスト、範囲付きクイックキャストと3つありますが、正直どれでもいいと思います。
スキルの出が早いからクイックキャストにしてスキルの命中率が下がってしまっては意味がないですしね。
全部試してみて自分がやりやすいと感じるものを選択しましょう。
 
クイックキャストはキーを押すだけでスキルが発動します。チャットを打とうとしてUltを発動させないように!