【LoL】サモナーレベル1からレベル30まで

lol-new-bg

サモナーレベル1~30にて何をしたらいいかわからない方はこちらを攻略の参考にして下さい。

 

Lv1 ~ Lv10

まずはチュートリアルをプレイしましょう。当サイトで解説したものがありますので、そちらを開きながらプレイしてください。
 
Basic Tutorialをプレイしてみよう
Battle Trainingをプレイしてみよう
チュートリアルを終えたら次は、CPUと戦いましょう。

Co-op vs.AI

CPUと戦うゲームモードです。難易度が設定されており、それぞれ強さが異なります。

Intro

・LoLを始めたばかりの方向け。CPUがあまり攻撃してこなかったり、チュートリアルがゲーム中に表示されたりします。
 初めの内はこの難易度でゲームの流れを理解しましょう。

Beginner

・Introでゲームの流れを掴み、IntroのCPUが楽勝になったらこの難易度をプレイしましょう

Intermediate

AIが強化され、今までよりかなり強く設定されています。初めの内は負けてしまうかもしれません。(筆者は始めた頃この難易度で何度か負けました)
 
CPU戦をLv10くらいまでプレイしてゲームの流れ、チャンピオンの特性などを覚えましょう。LoLはLv5までは無料で使えるチャンピオンは固定ですが、それ以降は毎週無料で使えるチャンピオンが変わります。これを利用してできるだけ多くのチャンピオンを触りましょう。ゲーム内通貨のIPは後に必要となりますので、できるだけ貯めて、高いチャンピオンは買わないようにしてください。
 

Lv10 ~ Lv20

Lv10からサモナースペルのスマイトを使えるようになり、ジャングルを回れるようになります。ただしレベルが低い内はルーン、マスタリーが揃っていないためジャングルを回るのが辛いと思います。ジャングルの練習はルーンがある程度揃う、Lv20からしたほうが良いでしょう。
このレベル帯ではまだ、Top2 – Mid1 – Bot2の構成になることが多いと思います。
 
Lv30までCPUと戦ってレベルを上げてもいいですが、それだと対人戦にいったときに一方的にやられてしまうでしょう。CPUはビルドやスキルのタイミングがどうしても機械的です。対人だとビルドもしっかりしてるし、スキルやレーン戦での押し引きのタイミングなどCPUと比べると反応がいいです。なので、対人になれるためにもここからはPvP – Classic – Summoner’s Rift – Normal(Blind Pick)をプレイしましょう。
 

Lv20 ~ Lv30

Lv20になったらTier3のルーンが購入できます。今まで貯めてきたIPを使います。Tier3のルーンは高く、払い戻しができないので注意しましょう。買うルーンはAD,APのどのチャンピオンでも使える汎用のルーンです。Lv分しかルーンははめることができないので20個(赤×6、黄×6、青×6、紫×2)買います。
 

+0.95 Attack Damage 102 × 6 = 612IP
+0.87 Magic Penetration 102 × 6 = 612IP
 

+1.34 Magic Resist 102 × 6 = 612IP
 

+1 Armor 102 × 6 = 612IP
 

+2.25 Attack Damage 512 × 2 = 1024IP
+4.95 Ability Power 512 × 2 = 1024IP
 
上記のルーンを購入すると計5114IPとなります。
上昇ステータスは以下の通り
 

汎用AD

lol-adrune
 

汎用AP

lol-aprune
 
×はLv20の時点でははめれない箇所です。Lv1上がるごとに赤、黄、青の順ではめれるようになり、Lv30で紫にはめられるようになります。
 
Lv20でTier3ルーンを買うとこれだけステータスが上がります。ルーンが揃っていない相手と差を付けることが出来ます。
 
Lv20以降Tier3以上のルーンは出てきませんし、Lv30となりRanked Gameをプレイするとき必須となるので、無駄になりません。ルーンはIPでしか買えないので、IPを貯めて、Tier3のルーンを集めましょう。
 
この辺りからジャングラーが増え出しTop 1 – Jungle 1 – Mid 1 – Bot 2の構成が増えてくるでしょう。今までTop 2構成に慣れてきたTopレーナーの方は戸惑うかもしれません。Lv30ではジャングラーがいるのが当たり前なので、今の内から慣れておきましょう。
 
Lv20からレベルアップに必要な経験値が多くなりますが、その分Normalゲームをプレイしてプレイヤースキルを磨きましょう。
 

Lv30になったら

Lv30になってRanked Game!といきたいですが、チャンピオンを16体購入していないと選択できません。これは、Ranked GameのシステムがNormal – Blind Pickと異なるためです。

Blind Pickとの違い

Ranked GameはDraft Pickといわれるシステムを採用しています。Blind Pickの場合、チャンピオン選択画面で各々やりたいチャンピオン、レーンに適したチャンピオンをPickしてゲームを始めますが、Draft Pickは違います。
 
Ranked Gameを始めようとすると以下の画面に進みます。
 
lol-rank
 
ここでまず、一人でランク戦をするか、友達を誘って複数人でランク戦をするかを選びます。また、自分が行きたいレーンの選択もします。
友達を誘ってランク戦をする場合「Invite」ボタンを押すか、右下の欄から招待したいフレンドを呼びます。
 
行きたいレーンは2つ選択することができます。1番いきたいレーンを最初に選びましょう。


lol-rank-select

 
Fillはどこでもいいですという意味です。最初に選んだ場合Fillだけになります。
 
マッチングしたらいよいよDraft Pickの始まりです。

まず選ばれたレーンを確認してください。
初めの時間は味方にどのチャンピオンを使うかを見せるフェーズです。
次にBanフェーズに映ります。Banとはその試合で使用禁止チャンピオンを決めることです。Banの選択順は青側の上から3番目のプレイヤー>赤側の上から3番目のプレイヤー>青側の上から4番目のプレイヤー・・・と交互に選び、計6体選択します。
自分がBanの時何をBanするか悩んだら、OPチャンプ(Solo Queue Tier List GOD Tier参照)をBanしましょう。
 
選択したら必ず確定してください。しないとペナルティを受けてしまいます。
 
6体のチャンピオンのBanが済んだら次にPickフェーズに移ります。
Pickの順番は、1人2人2人2人2人1人 とこのように交互にPickしていきます。
 
次のプレイヤーに回るまでに選択し、確定しないとBanフェーズ同様ペナルティを受けますので、必ず確定してください。
 
Banで6体、Pickで10体の計16体のチャンピオンを選択するため、16体所持していないとRanked Gameはできないのです。
Normal – Draft PickでRanked Gameを行う前にDraft Pickの流れを掴んでおくといいかもしれません。

 

まとめ

無料チャンピオンをできるだけ触って自分に合ったチャンピオンを見つける。
チャンピオンを買う際は触ってから買ったほうが良い。
ルーンはTier3を買う。Tier1は買ってもいいけど、Tier2は買わなくて良い。
Lv30以上且、チャンピオン16体所持でRanked Gameができる!
 
LoLは知ること、やることが多いゲームです。プレイしながら徐々に慣れていきましょう