ダメージ感覚を身につけよう!火力指数・耐久指数とは | ポケモン攻略まとめ

ダメージ感覚を身につけよう!火力指数・耐久指数とは

SASA

ふくろだたき by ぶぶぶぶぶ on pixiv


 
 

メジャーなポケモンの火力指数・耐久指数を計算したものをまとめました。ルール別に分けています。
 

VGC2016火力指数早見表
VGC2016耐久指数早見表
VGC2015火力指数・耐久指数早見表
 
 

火力指数・耐久指数とは?

 

ある程度ポケモン対戦を重ねると、メガガルーラは『おやこあい』「けたぐり」でヒードランを倒せることや、ひかえめニンフィアでも物理耐久に努力値を割けばメガガルーラの『おやこあい』「すてみタックル」を耐えられることがわかるようになります。
 

突然ですがここでクイズです。「ふくろだたき」を受けたテラキオンの珠「いわなだれ(A+4)」で177-126ヒードランにどれだけダメージが入るでしょうか?
 

そんなこと知らねーよ!って思ったあなた。そんなあなたに是非覚えてもらいたいのが、この火力指数・耐久指数です。
 
 

火力指数
 

火力指数は、その攻撃本来の火力を客観的に評価するため、仮想敵のタイプ相性による変動はそのつど別個に計算します。計算式は以下の通り。小数点以下は切り捨てです。
 

[火力指数] = [A,C]×[威力]×[タイプ一致]×[ランク]×[持物]×[特性]×[天候]×[全体]
 

先ほど挙がった攻撃例をこの計算式に当てはめると、次のようになります。
 

メガガルーラ A252振り陽気メガガルーラの親子愛けたぐり
177 × 120 × 1 × 1 × 1.5 × 1 × 1 = 31860
 

テラキオン A252振り陽気テラキオンの珠岩雪崩(A+4)
181 × 75 × 1.5 × 3 × 1.3 × 1 × 1 × 3/4 ≒ 59559
 

この計算式から陽気テラキオンの珠「いわなだれ(A+4)」は、陽気メガガルーラが放つ『おやこあい』「けたぐり」の1.9倍近い火力を持つことがわかります。ちなみにこの「いわなだれ」でヒードラン177-126ヒードランが確定1発になります。
 
 
 

耐久指数
 

耐久指数の計算式は以下の通り。
 

[耐久指数] = [HP]×[B,D]
 

代表的な「トリックルーム」起動役の2匹の物理耐久を比較してみました。
 

クレセリア H220-B76振り呑気クレセリア
223 × 165 = 36795
 

ゴチルゼル H244-B180振り生意気ゴチルゼル
176 × 138 = 24288
 

ゴチルゼルの物理耐久指数は、クレセリアの2/3倍しかないことがわかります。クレセリアがメガガルーラメガガルーラと組み合わされることが多い一方で、ゴチルゼルはズルズキンズルズキンと組み合わされることが多いのは、『いかく』を使うことでクレセリアと同等の物理耐久を再現しようとしているためではないでしょうか。
ちなみにH220振り呑気クレセリアの特殊耐久指数は33450H244-D92振り生意気ゴチルゼルは27456と1.2倍以上の差があります。クレセリアの耐久がいかに高いかがよくわかりますね。
 
 
 

指数ダメージ計算

 

火力指数・耐久指数は、ダメージ計算に応用することができます。指数を用いた計算式はこちら。
 
 

ダメージの割合(%) = { [火力指数] ÷ [耐久指数] × 44 + 2 } × α
 

計算式の最後に、16段階の乱数αが乗算されています。連続して同じ攻撃を繰り出したとしてもダメージ量が一定ではないのはこの乱数αがあるためで、乱数αの具体的な値は次のようになります。
 

α = { 0.85 , 0.86 , 0.87 , ・・・ 0.99 , 1.00 }
 

乱数α=0.85のときダメージ量は最小となります。また乱数α=1のときダメージ量は最大となり、最高乱数や最大乱数と呼ばれています。
 

第6世代において、乱数αのそれぞれの数字がでる確率は全て等しく100%を16等分した6.25%となります。つまりα=0.90になる確率も、α=1.00になる確率も等しく6.25%です。
 

この計算式を使うことで、相手ポケモンを倒すことができるのかどうか、また耐えることができるのかどうかがわかるようになります。まずは倒せるかどうかを確認するための計算式。乱数αに最低乱数0.85を代入します。
 
 

{ [火力] ÷ [耐久] × 44 + 2 } × 0.85 > 100
 

最低乱数を引いたとしても相手に与えるダメージの割合が100%を超えることから、確定で倒すことができるという式です。
 

状況例
ヒードランC200「オーバーヒート」(指数58500) → メガガルーラH181-D120 (指数21720)
 

計算式
{ 58500 ÷ 21720 × 44 + 2 } × 0.85 ≒ 120.5 × 0.85 = 102.425 > 100
 
 

相手ポケモンの攻撃を耐えることができるかどうかを確認するためには、乱数αに最大乱数1.00を代入します。
 
 

{ [火力] ÷ [耐久] × 44 + 2 } × 1 < 100
 

最大乱数を引いたとしても相手から受けるダメージの割合が100%を切ることから、確定で耐えることができるという式です。
 

状況例
A177『おやこあい』「すてみタックル」(指数47790) → ニンフィアH185-B116 (指数21460)
 

計算式
{ 47790 ÷ 21460 × 44 + 2 } × 1 ≒ 99.985 < 100