WCS / 2015年 世界トップ8紹介

 
 
 

ビエラ(@SHADEviera)
2015年、ジャパンカップを1位で通過し、日本代表決定大会優勝を果たす。
その際に彼が使ったパーティは、「メガガルーラ、クレセリア、モロバレル、ヒードラン、霊獣ランドロス、+α」という枠組みで現在の流行構築となっている。
 

さらに2013年と2014年もジャパンカップを勝ち抜いて日本代表決定大会に出場するなど、日本代表決定大会の常連である。
また非公式大会においても予選落ちすることは滅多に無く、バトルロードグロリアでは2年連続全国大会の出場権を獲得する等非常に安定した成績を残している。
運営面においては関西最大規模のダブルバトルオフであるしゃでオフを主催しており、その対戦レベルの高さから関西のみならず国内から多数の遠征者が集まってくる。
これらの実力、そしてその愛されるキャラクターから国内外にファンが多い。
(トッププレイヤー紹介より引用)
 
Viera has shown dominance this season by taking both the title of champion in the 2015 Japan Cup and Nationals tournament following it. The core of 5 that he used to achieve this; 「Mega-Kangaskhan, Cresselia, Amoongus, Heatran, Landorus-Therian」has gained huge popularity after his success.
Viera has consistent showings in the Japanese Nationals, competing in both 2013 and 2014 by passing the Japan Cup.
He attends unofficial tournaments as well, barely ever missing top-cut, and has gotten an invitation to the national tournament of the Battle Road Gloria two years in a row.
As a tournament organizer, Viera holds a grass root tournaments called “Shade Off” in the Kansai region where players from over the nation come to experience the high level of play there.
His unmatched achievements and loveable character has produced fans even outside of Japan.
 
 


BIDC(@BIDcp)
総合勢。レーティングバトルの神として、BW初期から現在に至るまで、君臨している。その膨大な対戦量から導き出される選択は、常に的確である。
 
BIDC has been known as the god of Battle Spot since his first appearance in BW. He plays all rules in Battle Spot. During a game BIDC is able to constantly make the best decisions possible due to his immense amount of practice on Battle Spot.
 
 


とにー(@tonykuso69)
2014年日本代表決定大会でバルドルを破り優勝。
非公式大会においても2014年バトルロードグロリアでは九州地区予選で準優勝し、全国大会出場を果たしている。
彼は独創的なアイデアを生み出す天才プレイヤーと言われているが、有名なものとしては2014年日本代表決定大会決勝で見られた「こうそくいどう」サンダーが挙げられる。
(トッププレイヤー紹介より引用)
 
Tony took the title of Japanese National Champion in 2014 after beating Barudoru in the finals. He also has consistent showings in unofficial tournaments, getting an invite to the 2014 Battle Road Gloria Nationals tournament after taking the 2nd place title in the Kyushu region preliminaries.
Tony has shown very unique strategies, most notably Zapdos with the move 「Agility」 which was seen at the finals match of the 2014 Japan Nationals.
His hobbies are Puzzle and Dragons, Smash, etc.
 
 


ペンギン(@penguin2142)
2010,13,14,15年と昔から全国大会に出ている強豪。
さらにバルドル選手と同様、今年は念願の決勝トーナメント進出を果たし、2010年世界9位の雪辱を果たした。
 
Penguin is a veteran in the Japanese VGC scene, appearing in 2010, 2013, 2014, 2015 Japan Nationals. This year he finally over writes his own record of 9th in the 2010 WCS. 
 


もりやま(@mor1yama)
処女作は2012年BW2の環境を支配した構築、もりやま噴火スイッチ。昨年秋のニコファーレより表舞台に登場し、ホウエンカップ優勝、バトルロードグロリア2015東海大会準優勝。日本代表決定大会準優勝と輝かしい功績を残している。
 
Moriyama’s first major appearance in the scene was 2013 with his team “Moriyama Eruption Switch TR” which dominated the rest of the BW2 metagame. He also made an appearance at the NicoNico event held last autumn for the Hoenn Cup finals and became the eventual winner of the tournament. This season, Moriyama has accomplished runner-up in the Tokai area Battle Road Gloria preliminaries, and runner-up in the 2015 Japan Nationals.
 


Scar(@Scar3020)
2014年に続き、今年も世界大会に出場。昨年は予選2勝4敗で辛酸を舐めたものの、今年は見事世界トップ8の名を手に入れる。好んで使用するポケモンはメガサーナイト。自信過剰な性格と思われがちだが、有言実行の男である。
 
Scar makes his second showing this year in the World Championships continuing his participation from 2014. Although biting the dust last year with a record of 2-4, Scar was able to redeem his honor by taking the top 8 title this year. He favors the pokemon Gardevoir as his mega choice. Many describe Scar as constantly overconfident, but he has shown to be a man of his word.
 


はやと★(@hayatostar1025)
急激に頭角を現した期待の新星。日本予選では振るわなかったものの、非公式大会において、2月のしゃでオフ優勝、3月のヴィクトリアリーグトーキョーで準優勝するなど特筆すべき成績を残している。
 
Hayato Star is a rising star, rapidly on the rise, while he didn’t make it through the Japan Cup this year, he has been showing very strong finishes at major grass roots such as 1st place in the February Shade off, runner-up in the Victoria League Tokyo held in March.
 


Lajos(@Lajovgc)
今回の世界大会において唯一ベスト8になったドイツ人プレイヤー。好んで使用するパーティは「トリックルーム」、ポケモンはズルズキン。過去の実績は、2013年ドイツ全国大会ベスト8, 2014年ドイツ全国大会ベスト8, 2014年イギリス全国大会ベスト32。
 
Lajos is the only german and non japanese player to make top 8 this year. He favors tactics revolving around the move 「Trick Room」, and his favorite pokemon is Scrafty. His past records are top 8 German Nationals 2013, top 8 German Nationals 2014, top 32 UK Nationals 2014.
 

ポケモンワールドチャンピオンシップス2015 対戦を生放送中!

英語のTwitch放送です。
Watch live video from Pokemon on www.twitch.tv

ポケモンワールドチャンピオンシップス2015まとめ


ダブルバトル世界大会、ポケモンWCS2015を徹底解説する特設ページです。
 

ポケモンワールドチャンピオンシップス2015速報


↑ 2015/08/21開催のポケモンWCS2015の速報を随時更新中