【ポケモンGO】むげんふかそうちのおすすめ使い方

tamago

このページではむげんふかそうちの基本的な使い方とおすすめの使用方法を解説していきます。

ふかそうち

ポケストップなどでたまにポケモンのタマゴを入手することが出来る。「ふかそうちは」は孵化させたいタマゴを「ふかそうち」に入れて、一定の距離を歩くとタマゴからポケモンを孵化させることが出来ます。

距離別タマゴから孵化するポケモン一覧はこちら

むげんふかそうちとは

ふかそうちには2種類あり「むげんふかそうち」と「ふかそうち」がある。「むげんふかそうち」はチュートリアル後から所持している。むげんふかそうちは壊れることがありません。一方「ふかそうちは」は名前からわかるように無限に使用することは出来ず3回使用すると壊れてしまいす。したがって基本的には「むげんふかそうち」を優先して使用していくことになります。

「むげんふかそうち」と「ふかそうち」の違い

ふかそうちの種類特徴
むげんふかそうち・最初から所持
・何度でも使用可能
ふかそうち・レベルアップで入手
・課金アイテムで購入
・3回使用すると壊れる

むげんふかそうちの使い方と手順

  • 1.画面下メニューのポケモンのアイコンをタップ!
  • 2.画面上部の「タマゴ」タップ!
  • 3.孵化させたいタマゴを選ぶ!
  • 4.「ふかそうちを使う」をタップ!
  • 5.「ふかそうち」or「むげんふかそうち」を選んで完了!

孵化は徒歩または自転車で

移動速度が時速約10km以上の場合、タマゴの移動距離が加算されません。電車や自動車などの乗り物ではタマゴを孵化することは出来ませんので、自転車または徒歩で移動しましょう。※自転車でも時速10km未満で移動して下さい。移動しているはずなのに孵化しない場合はスピードが速すぎて移動距離に加算されていない可能性があります。

むげんふかそうちのオススメの使用法

タマゴには10Km、5Km、2Kmの三種類のタマゴがあります。オススメの使用方法は基本的に2kmタマゴを「むげんふかそうち」、10kmタマゴを「ふかそうち」に使用していきましょう。理由は「むげんふかそうち」でのタマゴ孵化の回転率を上げることが出来、課金アイテムである「ふかそうち」の節約になるためです。また、タマゴは9個までしか持つことが出来ないので特に「むげんふかそうち」は常に稼働させることを意識しましょう!

その他の課金アイテムはこちらから確認出来ます!

課金アイテム一覧