【ポケモンGO】提携・スポンサー企業一覧

1481798176

ポケモンGOにおける、提携・スポンサー企業を一覧でまとめています。最近は連続して企業との業務提携が行われていますが、どんな企業が業務提携しているのか、店舗数、内容等、記載していますのでポケモンGOの提携企業の確認はこちらを参考にして下さい。

ポケモンGO提携企業(国内)

pokejp

日本国内において、提携・スポンサー企業を紹介します。ポケモンGOリリース初期からポケストップ、ジムとして設定されているマクドナルドや、駅前などにポケストップが増加するきっかけになったソフトバンクショップとワイモバイルショップ等日本ではお馴染みのポケストップ・ジムスポットを紹介します。またナイアンティック社とパートナーシップを締結し、12月7日より新たなポケストップ・ジムスポットとして登場したイオングループ等、契約を結んでから日が浅い企業も掲載しています。

マクドナルド

マクドナルド ロゴ

期間2016年7月22日~
概要全国のマクドナルドがポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。
対象店舗数約2900店舗
店舗検索マクドナルド店舗検索

マクドナルドのポケストップ&ポケジム&コラボ

ソフトバンク

ソフトバンク ロゴ

期間2016年9月~
概要全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。
対象店舗数約3700店舗
店舗検索ソフトバンクショップ店舗検索
ワイモバイルショップ店舗検索

ソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップとジムになる!?

TOHOシネマズ

TOHOシネマズ ロゴ

期間2016年9月2日~
概要全国のTOHOシネマズがポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。
対象店舗数65店舗
劇場検索TOHOシネマズ劇場検索

TOHOシネマズ『ポケモンGO』とのコラボを発表

イオングループ

イオン ロゴ

期間2016年12月7日~
概要国内外のイオングループ店舗がポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。
対象店舗数約3500店舗(国内)、約100店舗(海外)
対象店舗を確認する
店舗検索イオングループ店舗検索

イオングループの店舗がポケストップやジムに!!

ポケモンGO提携企業(海外)

kaigai-o

イオングループがポケストップ・ジムとして、ゲーム内に追加された次の日に、アメリカのスプリント関係の場所約10500店舗がポケストップとジムになっています。過去最大のポケストップとジムと、さらには充電環境も整える等、日本で行われている企業とのコラボレーション内容とは違います。そんな企業毎に違う海外の企業が行っている内容をチェックしてみましょう。

スプリント

スプリント ロゴ

期間2016年12月8日~
地域アメリカ合衆国
概要アメリカ国内のスプリント、ブースト・モバイル、ラジオシャックストアがポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。また充電ステーションとして利用できる。
対象店舗数約10500店舗
備考対象のポケストップで第2世代ポケモンのタマゴが出やすい。

スプリント社との業務提携!

スターバックス

スターバックス ロゴ

期間2016年12月8日~
地域アメリカ合衆国
概要アメリカ国内のスターバックス直営店がポケストップ、ジムとしてゲーム内のに登場。Pokémon GOフラペチーノを販売。
対象店舗数約7800店舗
備考対象のポケストップで第2世代ポケモンのタマゴが出やすい。

Reliance Jio

Reliance Jio ロゴ

期間2016年12月13日~
地域インド
概要インド国内のJioストアと提携店舗がポケストップ、ジムとしてゲーム内に登場。JioのSIM利用者はポケモンGOに関してはデータ無制限でダウンロード、プレイができる。
対象店舗数約3000店舗


今後日本で提携・スポンサーになりそうな企業

スターバックス

hurapeti-no

有力なのは、もうすでにアメリカでポケストップ・ジムとして設定されている『スターバックス』と思われます。日本でも1000を越える店舗数があり、日本の各都道府県に勢力を伸ばしています。若者を中心にオシャレなコーヒーチェーン店として人気を博しています。またポケモンGOとのコラボ商品ポケモンGOフラペチーノも発売しており、日本での店舗数は世界各国に進出しているスタバの中でも第3位にランクインしています。展開が成功していると考えられるので、2位のカナダでスタバコラボが実施されたら、日本でも実施されると考えても良いかもしれません。

スタバとポケモンGOが12月8日にコラボ!金銀ポケモンは?

コメリ

komeri

ポケモンGOでは、地方と都会での環境が度々話題になっています。都会でのポケストップの数と地方のポケストップの数では、前者が圧倒的に多いのです。コメリがスポンサーになってほしい理由はここにあります。コメリは、1183店舗を展開しています。最も店舗数が多い都道府県は福島県の52店舗であり、逆に一番少ない都道府県は北海道、神奈川県、大阪府の6店舗になり、東京都も9店舗と地方のほうが多い傾向になります。

店舗数第1位の福島県を始め、東北地方には数多くの”コメリ”が存在します。東北といえば、復興イベントとして「ラプラス大量発生」が起きた地域であり、日本の公式ポケモンGOツイッターにて「今後も引き続き東北復興のお手伝いを続けてまいります。」とツイートもされているため、東北地方で店舗が多いコメリが提携・スポンサー契約を結ぶ可能性はあると考えます。

岩手県、宮城県、福島県で『ラプラス』が大量発生!