【ポケモンGO】プロ契約を結んだカジュアルプロゲーマー「勇崎まりる」 | ポケモンGO攻略まとめ

【ポケモンGO】プロ契約を結んだカジュアルプロゲーマー「勇崎まりる」

prl1612151043054-p1

本日12/15にポケモンGOをコスプレしながら全国でプレイするコスプレイヤー「勇崎まりる」がスマホゲーマー向けSNS「ガマッチ」などの開発・提供を手がけるGAMATCH(ガマッチ)株式会社とプロ契約を結びました。

ポケモンGOコスプレイヤー勇崎まりるとは?

京都府出身のポケモンを愛してやまないコスプレイヤーである勇崎まりるは「いろんなコスで いろんな場所へ」をモットーに、自身でコスプレしながら全国各地で「ポケモンGO」をプレイする活動をしています。

勇崎まりるのツイッター

以下プロ契約に際し「勇崎まりる」からのコメントです

この度、GAMATCH(ガマッチ)社とプロ契約できたことを大変うれしく思います。「ポケモンGO」を通じて全国の方々と触れ合い、地方創生にも貢献できればと考えております。みんなで一緒にポケモンを探しましょう!GAMATCH(ガマッチ)では今後さらに他の人気スマートフォンゲームにもカジュアルプロゲーマーを増やし、日本のゲーム業界の活性化に貢献してまいります。

カジュアルプロゲーマーとは?

カジュアルプロゲーマー契約とは、ガチ対戦以外の人気のカジュアルスマートフォンゲームをプレイするゲーマーに対し就業規則にとらわれず固定給で給与を支払いする、ガマッチ社独自の就労形態のようです。

現在、欧米やアジアでは「LoL」などのPCゲームをを競技とした「e-Sports」が普及しています。日本にもeSportsは徐々に普及しつつありますが日本の多くのゲームユーザーは空き時間に手軽にできるスマートフォンのカジュアルゲームプレイしています。カジュアルプロゲーマーは、すでに世間で人気のカジュアルゲームを対象としており特別に競技を前提とせず、ポケモンGOなどの人気のゲームをプレイし、メディア露出を増やしていき、その結果から生まれる副次的なビジネスを作ることが目的のようです。

日本ではPCゲーム離れが進んでおり、海外で人気のPCゲームのeSportsタイトルも日本ではなかなか普及しにくい文化的なものがあります。今回のカジュアルプロゲーマー「勇崎まりる」を皮切りにeSportsの日本にあった新しい考え方が生まれてくるのかもしれません。今後の彼女の活動に期待です!