【ポケモンGO】個体値について解説

固体値

今回はポケモンGOの個体値についてについて触れたいと思います。個体値がどういうものなのか、ポケモンを厳選(同じポケモンでも育てて強くなるポケモンを選ぶこと)する必要があるのかを記載していきます。

ポケモンGOの個体値(IV)について

個体値とは何か?

「個体値(IV)」とは、ゲームの画面上には表示されてない、「攻撃力」「防御力」「HP(ヒットポイント)」という、ポケモンのステータスのことです。

個体値にはHPとCPで上限が異なっておりHPなら0~15、CPなら0〜30と同じポケモンでも幅があります。

個体値の表

種類個体値の幅影響を与えるポイント
HP0~15ポケモンの耐久力に影響する
CP0~30攻撃した際のダメージ量に影響する

固体値とポケモンのサイズとの関係は?

強いポケモンを育てるには以前はサイズや進化させるタイミングが影響を与えるのではないかと噂されていましたが、それらの相関は見られませんでした。
サイズによる個体差についての検証はこちら

個体値の差によるステータスの差

カイリューでの比較

個体値が最大個体値0の場合
HP155143
CP35003067

上記の表を見比べると個体値が1番高い場合のCPは3500、個体値が1番低い場合のCPは3067と最大で433もの差が出ることがわかります。今後のジム戦に備える場合は個体値の高いポケモンを選ぶことが重要になってきます。

種族値とレベル

種族値とは「ポケモンの種類ごとに設定されたHP、攻撃、防御のこと」でそれぞれの基本値のことです。ポケモンの種類ごとに決まっています。
例1)リザードン HP: 156 攻撃: 212 防御: 182、
例2)ラッキー HP: 500 攻撃: 40 防御: 60
この種族値に個体値がプラスされたものが実際のポケモンの強さになります。
また、ポケモンのレベルはゲーム画面中には表示されていませんが、レベルは、1 ~ 40 まで 0.5 単位で存在しています。1回の強化でポケモンのレベルは 0.5 上がり、トレーナレベルによりあげられるポケモンのレベル上限が決まっています。
例:トレーナーレベル10の場合はポケモンのレベルは 11.5 まで。

ポケモンの個体値によるステータスのまとめ

まとめるとポケモンの強さ(CP)は、

  • ・ポケモンの種族値
  • ・ポケモンの個体値
  • ・ポケモンのレベル

の3つで決まります。サイズや進化のタイミングなどは影響せず、MAXCPとそのポケモンにあった最高のわざ構成身に付けることが最強のポケモンを育てる鍵になります。どんなわざが理想かわからない人は個別詳細に記載しているので以下からおすすめのわざ構成を確認しましょう!
ポケモン個別詳細一覧

個体値の調べ方

個体値はゲーム内では表記されていませんが調べ方があります。それはポケモンGOのアプリ内の機能の1つ「ポケモンを調べてもらう機能」です。チームリーダーが手持ちのポケモンを評価してくれるのでそのコメントでポケモンのおよその個体値が判明します。
ポケモンを調べてもらう機能の使い方と解説

また、より詳細に調べたい場合は個体値チェッカーを使用しましょう!
個体値の厳選のやり方と個体値チェッカー使用手順

ポケモンGO固体値チェッカー

 

全ポケモンの評価一覧

9/23の個体値のサイレント修正に関して!

一部のポケモンの個体値が、9月23日の朝のアプデで修正変更されている事が判明しました。今までは一部のポケモンの個体値が固定されていることが発覚していましたが、9/23からそのルールが無くなっているようです。

野生ポケモンの固定個体値が修正

下方修正されたポケモン

ミニリュウの画像
ミニリュウ

ラプラスの画像
ラプラス

カビゴンの画像
カビゴン

コイキングの画像
コイキング

今までは野生のミニリュウは攻撃の個体値が15固定、野生のカビゴンとラプラスは攻撃・防御・HPのうちどれかが15固定で出現していました。また、コイキングは攻撃の個体値が12以上固定で出現していました。
しかし、今回の修正では固定となっていた個体値が変動してしまい、実質今までより個体値が低い状態で出現する確率が上がったことになります。事実上の下方修正です。

上方修正されたポケモン
フシギダネの画像
フシギダネ
ヒトカゲの画像
ヒトカゲ
ゼニガメの画像
ゼニガメ
ピカチュウの画像
ピカチュウ
ガーディの画像
ガーディ
ロコンの画像
ロコン
ピッピの画像
ピッピ
プリンの画像プリン

フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメなど一部のポケモンは、今まで攻撃・防御・HPのうちどれかが異常に低い状態で野生で出現していましたが、今回の修正で全ステータスが高い個体が出る可能性が高くなりました。