【ポケモンGO】ポケモンのトレード(交換)やり方のまとめ

uploaded

ポケモンGOにて実装予定とされているポケモントレード交換)のやり方の方法についてまとめました。12/1現在、未実装ではありますがトレード機能は確実に実装される予想されかつかなり重要な機能になってくると思われますので是非参考にして頂きたく思います。

ポケモントレード(交換)について

ポケモンでトレードといえばポケモンカードのCMを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、今回はカードではなくポケモンGOでのトレードについて紹介します。

初代『ポケットモンスター』より形はかわりましたが、最新のポケモンにも搭載されているポケモンのトレード機能。トレード機能とはトレーナー同士が手持ちのポケモンを交換することで、自分の持っていないポケモンを入手できたり、原作ではポケモントレードをすることが進化条件になっているポケモンもいました。ポケモンGOでも、現在はまだ未実装ではあるものの、優先順位がかなり高い実装予定のものと公式に認識をされているようです。トレードのやり方はお互い条件を飲めれば交換するだけですが原作ポケモンの中でもポケモンが人気をはくした要因のひとつであることは間違いないと思います。

アプデでトレード機能実装か!?ナイアンティックCEOが言及

トレード(ポケモン交換)の目的

ではトレードの目的として大きく3つピックアップしていきます。

図鑑を埋める

トレード(交換)は図鑑を埋めることが1番最初に来るであろう目的の1つであると考えられます。自分が見つけたことのないポケモンでも、これだけトレーナーがいるのですから他の誰かが持っているやもしれません。ここから新たなポケモントレーナー同士の交流を生んでいけるといいですね。また、ケンタロスやガルーラなど日本では出現しない地域限定ポケモンは海外に行くしか入手法方法はありませんでしたが海外旅行の時以外にも海外の友達とトレードで地域限定ポケモンが入手が可能となります。また、現在チームが3つに分かれているもののジムバトル以外はチームが分かれている意味は特にありませんが、今のチームはサンダー、ファイヤー、フリーザーがモチーフになっています。伝説のポケモンがゲットできるイベントなどが実装された場合各ポケモンGOのチームはチームイメージのポケモンしかゲットできない可能性もあり、すべての図鑑を埋めるためにトレードは必須かもしれません。

トレーナー同士の交流の活発化

トレードは対トレーナー同士で行うものなので自然とそこにトレーナー同士のコミュニケーションが発生します。一緒にポケモンGOをする仲間がいるのといないのではゲームをするモチベーションも上がり、ポケモンGOも盛り上がっていきます。そもそもポケモンGOは外に出て歩きながらポケモンを探すという一番の特徴があり、行く先々でポケモンGOトレーナと出会うこととなるためトレーナー同士の交流はとても大事になってきます。

手持ちポケモンの充実

次の目的として、ジム戦を攻略するための手持ちのポケモンの強化が挙げられます。このゲームを進めていく上で有用な拠点となっているジム。ここでは各チームごとにポケモン同士を戦わせることが出来ますが、ポケモンにも個体値というものがあって同じ種類のポケモンでもステータスがまるで違うことも珍しくありません。そこで、自分には必要のなくなったポケモンを同じチームのメンバーに譲ってあげることも出来たりするわけです。日本国内でもポケモンの出現の仕方に特徴があるようなのでトレード機能を上手く使うことでチーム力の強化につながります。

今更聞けないジム攻略-ジムの基本システム解説
 

ポケモントレードと対戦機能の実装日について

トレード機能

ポケモントレード

他のトレーナーとポケモンをトレード(交換)出来る機能は、歴代のポケモンゲームでもお馴染みの機能ですが、実装するためのシステム構築に多大な時間と労力がかかることが予想されるため、実装はもう少し先になると思われます

9/23追記 ポケモンGO解析情報『トレード機能はオファー作成や複数体取引も実現する可能性?』

・トレードしたいポケモンを検索できる機能がある。
・自分でトレードオファーを作成、キャンセルすることができる。
・今のところポケモンのみの交換機能となる。
・検索範囲については今のところ不明。世界中のトレーナーとトレードが可能かどうかはまだ判断できない。
・トレードは「接続不良」に強くなっている。再接続後、トレードが再試行される仕様。
情報元:海外サイトPokemon GO HUB

トレードはキャンセルが可能で、さらに1匹に対して3匹や4匹と交換など複数匹と交換できる可能性も?また、トレード検索機能は一人のトレーナーに留まらず、一度に複数のトレーナー名を取得できるようになっているらしい。これは友達がいなくても条件が合えばトレード(ポケモン交換)可能ということかもしれません。

対戦機能

トレード機能と同じく、ポケモンゲームではお馴染みの機能です。昔は通信を行うためにケーブルをわざわざ買いに行ってました。ポケモンGOでの実装はなんと来年の3月予定だとか。事実であるならば、少し気が遠くなる話ではあります。現状、仕様については明らかになっておりませんが、ジムバトルとはまた違った形になることが示唆されております。

 

ソースリンクは以下になります。トレード・対戦機能以外に金・銀ポケモン、いわゆる第2世代のポケモンについても一部言及されていますが、実装日などについては不明のままだそうです。

トレード・対戦機能のソース
第2世代ポケモンについての言及のソース

通信対戦/対人戦の情報まとめ

トレードの方法とやり方

現状ではポケモントレードの方法ややり方などのトレードの詳細な仕組み機能については上記の海外サイトから少し話題となっていますが公式では触れられていません。ポケセンターでトレードできるのではとされています。もしかしたらトレードを行うことで何か特典(経験値やアメなど)があるかもしれないですね。