連鎖集~弥生時代~ | ぷよぷよ攻略まとめ

連鎖集~弥生時代~

puyo_eyecatch_rensalist_yayoijidai

習得難易度実用性総合評価
5/55/59/10
メリットデメリット
  • ツモによって左右どちらからでも折り返すことが出来る
  • 中盤戦への移行が早い
  • 逆発火しやすい
  • 膨大な派生パターンを網羅しないとメリットを活かせない
  • 暴発しやすい

横3連結が4つあるのが特徴の連鎖。実際に組む時は綺麗にこの形を作れる事はかなり少なく、派生形を扱う事が多い。

基礎編

組み方

弥生時代の初手タイプ

左折りパターン

【左図】の状態で青黄が来たら、1/8を活かして左折りに確定させよう。【右図】が完成図。

右折りパターン


GTRや鶴亀等、様々な形に派生する。無理に横3連結にこだわると形か崩れるのでツモによって適宜形を変える柔軟性が大事。


色が偏ったら同色連鎖も狙える。

 

オススメ連鎖形


【左図】連鎖尾の部分は極力L字にしよう。
【中央図】連鎖の一部が暴発してしまってもちゃんと消える点と(例外有)
【右図】第二折り返しを組みやすくなる点がメリット。

応用編

速攻


3連鎖になってしまうが速攻もできる。

 

早い中盤


折り返しのキーぷよや連鎖尾を崩して早い中盤戦を展開できる。