【シャドウバース】「ミッドレンジネクロ」のデッキ構築レシピとプレイングを紹介

ミッドレンジネクロ3

シャドウバースのミッドレンジネクロのデッキレシピとプレイングを紹介&解説しています。

 

ミッドレンジネクロとは

盤面重視で戦いつつ、中~終盤戦で本領発揮するタイプのデッキ。環境を支配している「ミッドレンジドラゴン」「疾走ドラゴン」があまりに強力な為、対抗デッキの一種として増えつつあるのが以下のタイプになります。
前回紹介した守備コントロール(ミッドレンジ)ネクロとは異なり、流行りのデュエリスト・モルディカイを主軸にしたタイプがこちら。除去スペルなど、飛び道具を多めに積んでいるのが特徴です。
ドラゴン相手に終盤でボードを取り返すのに必要不可欠な存在が、モルディカイの存在なのです。

 

参考リンク

13連勝でBランク昇格! 鉄壁の布陣 「守護ミッドレンジネクロ(コントロールネクロ)」デッキレシピ構築紹介


 

ミッドレンジネクロ採用カードとその理由

【ドローソース枠】
ベルエンジェル
0/2でラストワード:1枚ドローというフォロワー。
攻撃力0で反撃出来ないので一見弱そうにも見えるが、対アグロでのターン稼ぎ、「進化カウンター」を食らわない(orアタッカーの延命)、ドローソースの確保という3点を見ると意外と優秀である。
スカルウィドウ
ソウルコンバージョン
5ターン目以降では、悪戯なネクロマンサーを進化させた時の「ゴースト2体」を対象にすれば絶大なアドバンテージ。
中~終盤では、ベルエンジェルやスカルウィドウを破壊することで手札を3枚ドローすることが出来る。
 

【ボードアドバンテージ枠】
死への近道
死への近道
必殺というか暗殺。
主にドラゴンデッキのヘビー級フォロワー群、ロイヤルのロイヤルセイバー・オーレリア、ビショップデッキのムーンアルミラージや光輝ドラゴンなど、スペルや打撃で破壊しにくい厄介なフォロワーが増殖しつつある現環境で、ニーズが高まりつつある。2マナで使える上、スペクターと違って場に出ている訳ではないので、相手からしたら読みにくく”計算が狂う”というメリットもある。また、攻撃力0のベルエンジェルでも攻撃選択は出来ることを利用し、「必殺」を付けて攻撃することで、相手の巨大フォロワーと相打ちさせつつ1枚ドローが可能に。
ソウルハント
ソウルハント
3マナ帯のフォロワーを削って投入。
放置すると「変化する魔術師」などをプレイされる為、即破壊しておきたい4/3守護の「プリズンドラゴン」や、ドラゴンウォーリアの進化アタック対策に。墓地+1もあるので、死の祝福や腐の嵐にもつなげやすい。
もちろん他のデッキ対策にも便利なスペル。
消えぬ怨恨
消えぬ怨恨
通常2ダメ。ネクロマンス2で4ダメージを与えることが出来る。
除去はもちろん、「進化攻撃」のカウンタースペルとして使えれば、アドバンテージは絶大。
ネクロエレメンタラー
ネクロエレメンタラー
急上昇株。
横にフォロワーを展開してくる「アグロデッキ」絶対殺すマン。削りにも使える。
いざという局面では、進化して特攻すれば「体力5」のフォロワーまでが射程圏に。ソウルコンバージョンで破壊すれば、ラストワードを即発動することも可。
ネクロマンスが枯渇しやすいようであれば、代用候補としてスパルトイも挙げられる。
腐の嵐
腐の嵐
AOE
全体攻撃1ダメージ。ネクロマンス(墓場)6あれば全体3ダメージを叩き出せる。
深淵の誘い
深淵への誘い
いざという時の為の保険。
特に相手がウィッチやドラゴンだった場合は、超強力なフォロワーが出てくる場合が多々ある為、対処しきれなくなった場合に備えて終盤までキープしておこう。
ネクロマンス4でゾンビを1体出せるので、死の祝福とのシナジーも抜群!
悪戯なネクロマンサー
悪戯なネクロマンサー
以前紹介したアグロネクロデッキ同様、要の1つ。
進化すると4/5になるだけでなく、ゴースト2体を敵リーダーorフォロワーに飛ばすことが出来るので、盤面不利を有利に持っていくのに非常に重宝する。
ケルベロスの+2スペルをゴーストに付けて敵の体力3フォロワーを相殺しにいこう。後攻マリガン時は低マナフォロワーの次の優先度でキープしたいフォロワーである。
地獄の解放者
地獄の解放者
ウルズで破壊すると、4/4のリッチを場に出しつつ、1/1の地獄の解放者を並べるという非常に強い動きが可能。
ウルズ
ウルズ
破壊と再生を司る稀有なフォロワー。地獄の解放者やモルディカイとの相性抜群!
ベルエンジェルやスカルウィドウを破壊して欲しいカードを引いてくるという手段や、進化した敵フォロワーに使用することで進化前のスタッツに戻してから倒すという応用技もある。
【守護枠】
バーストダメージが強力な環境になりつつあるので、複数の壁を作って、アタッカーをサイドに回すのが勝ちパターン。
上手く展開出来れば、中~終盤戦は一方的に顔面を殴れる場面が多くなるだろう。
ベルエンジェル
ベルエンジェル
守護&ドローソース。
中~終盤に出すことで、進化後の優秀なアタッカーを守りやすいという恩恵もある。
ゴブリンマウントデーモン
ゴブリンマウントデーモン
3/7守護が有能。進化させると5/9になる。
ファンファーレで自分のフォロワー全体3ダメージを与える、というデメリットもあるので使いどころを選ぶカード。
アグロデッキの猛攻やドラゴンの高火力対策として機能しやすい他、ネクロの場合「スカルウィドウ」、「地獄の解放者」、「ネクロエレメンタラー」とのシナジーで即破壊コンボを炸裂させることも可能なので、相性◎。
5/5守護のゴーストライダーと異なり、ロイヤル御用達のレジェンド「ツバキ」の暗殺(攻撃力5以上のカードを破壊する)を喰らわないで済むという点も見逃せない。

ワイトキング
ワイトキング
ネクロマンス4以上で場に出すと、+1/1される上に守護と必殺まで付与される、王の名に相応しい攻防一体型のオールラウンダー。
進化すれば、実に6/7にまで跳ね上がる。進化返し封じにも非常に有用。

死の祝福
死の祝福
ネクロマンサー最強のスペルと言っても過言ではない。ネクロマンス6で2/3守護持ちのフォロワーを3体並べることが出来る。
このデッキでは2積み。

ケルベロス
ケルベロス
ミミ、ココのスペルと組み合わせて、盤面を優勢に持っていく。
2点スペルはダメージ調整はもちろん、ダークドラグーンフォルテ(素出し)対策にもなり、汎用性の高さは随一。
 
【デッキの切り札】
デュエリスト・モルディカイ
デュエリスト・モルディカイ
何度倒しても5/5で蘇る”不死身のアイツ”。
高性能・高スタッツのフォロワーを大量に並べて他を蹂躙する「ドラゴンデッキ」の暴君ぶりに見かねて、応援に駆けつけたリーサルウェポン。
ウルズを使えば2体に分裂する、という恐ろしいコンボが実現するほか、ソウルコンバージョンで2枚ドローしに行く手段も有効である。
ただし、相手がビショップの場合は「消滅」させられて、ラストワードを封じられる危険性がある。
プルート
プルート
いざという時の為の備えとして、安心感が半端ない。
リーサル狙いの時に相手の守護剥がすのにも使えるので、ピン挿ししている。
 

ミッドレンジネクロのマリガンとプレイング

【先攻時】
スパルトイサージェント、スカルウィドウ。
3マナ帯が弱いのでソウルハント辺り。すでに2PPのフォロワーを引けている場合、ソウルコンバージョンや地獄の解放者も悪くない。
ドラゴンが相手の場合や、ミラーマッチの場合に先行プレイさせる為のモルディカイが欲しい。
【後攻時】
上記に加えて、悪戯なネクロマンサー辺りをキープ。
ロイヤル相手の場合は腐の嵐。ドラゴン相手の場合は、ソウルハントやモルディカイも候補に。

 

序盤戦(1T~4T目)

1PPのフォロワーがいないので、2T目からプレイすることになる。
基本的に対応が後手に回ることになるので、相手のフォロワーと相殺していかにダメージを軽減するかが課題となる。出来るだけネクロマンスも溜めておきたい。

中盤戦(4T~7T目)

8T目にモルディカイを7/7進化アタックさせること前提で盤面をコントロールする。つまり、”進化残数1”を極力取っておくこと”が重要。
B帯、A帯以上のランク帯になってくると、最終進化を温存出来ているかどうかで勝率が大きく変わってくる。
ネクロ同士のミラーマッチで「死の祝福」を貼られた場合や、フェイスロイヤルで「乙姫」を出された場合、「腐の嵐」が活躍する場面もあるだろう。
Tier1を制圧して大流行しているドラゴンが相手の場合、相手は「ドラゴンウォーリア」を進化(進化すると相手に3点ダメージを与えつつ、4/5になる)させることを狙っているので、
場に出すフォロワーや進化させるフォロワーは、「悪戯なネクロマンサー」よりも「地獄の解放者」を優先するといいだろう。
「地獄の解放者」をウルズで分裂(片方リッチになる)させておくと、相手側としても対処に困るはずだ。
ミッドレンジネクロにとって、いかに中盤戦の盤面を”終盤戦を見据えたコントロールが出来るか”に掛かっているいるといっても過言ではない。
消えぬ怨恨やソウルハントで、厄介なフォロワーを処理しつつ、耐久力の高いゴブリンマウントデーモンや、即死守備のワイトキング、死の祝福辺りをプレイして守勢に回ろう。
すべては、8T目以降の宴のために。

終盤戦(7T~10T目以降)

優勢な状態でデュエリスト・モルディカイさえ出すことが出来れば、まず負けることがないだろう。
あとは丁寧に盤面を処理していき、相手の勝ち筋を絶ってサレンダーさせるだけ。
ウルズで2体に分裂させるも良し、不死身のモルディカイにソウルコンバージョンを当てにいき、2枚ドローしに行くも良し。・・・とやりたい放題!
上手く出せれば多少不利な盤面でも優劣を覆せることもままあるが、相手がフェイスロイヤル、アグロネクロ、疾走ドラゴン、疾走ヴァンプ辺りの場合は、喜び勇んでモルディカイを出してしまうと頓死する恐れが高いので、先に守護張るなどして一時凌ぎしよう。相手が疾走を持っていること前提で、「リーサル圏内」かどうかは十分注意したい。
また、このデッキのフィニッシャーはモルディカイに依存している為、もしこの時点でも引けてないと勝率が大きく変わってくる。その場合、応急措置としてベルエンジェルにウルズを使ってでもドローを狙っていきたいところ。

 

プレイング解説は以上になります。
アグロネクロやミッドレンジネクロのレシピは他にも色々なパターンがあるので、独自にアレンジしてみると良いかも知れません。

 

eSR_OCG部門 公式Twitter