Splatoon(スプラトゥーン)ブキ攻略 – ボールドマーカーネオ

bo-rudoma-ka-neo_3

 

Splatoon(スプラトゥーン)ブキ攻略 – ボールドマーカーネオ

 

bo-rudoma-ka-neo_1bo-rudoma-ka-neo_2

 

射程攻撃力(最大ダメージ)連射力スペシャル減少量確殺数(確殺F)
1555(39.1)7540%3発(13F)

spl_ic ブキ評価

ジャンプビーコンがポイントセンサーに、メガホンレーザーがダイオウイカに変更されたボールドマーカーの亜種。射程に関してはボールドマーカーと同様、全シューターの中でもっとも射程が短く、ローラーと殆ど射程が変わらない。

 

通常のボールドマーカーをさらにインファイトに特化させた性能。ポイントセンサーが備わったことで、相手の動きを捉えることが可能となり、近距離での切り返し手段としてダイオウイカを手に入れた。

一方で遠距離での撃ち合いはボールドマーカー以上に苦手。ジャンプビーコンを使った裏取りや、チャージャーへの回答手段だったメガホンレーザーを失ったため、対抗手段が実質無いようなものである。

 

やはり正面からの撃ち合いは絶望的なので、ボールドマーカー同様相手への奇襲を狙っていこう。

そのためにはマップの把握や、敵ブキの特性などを把握しておく必要がある為、総じて上級者向けのブキと言えるでしょう。

 

また短射程とはいえ、弾のばらつきが激しいため、しっかりと相手を狙えるようにしておこう。

 

通常のボールドマーカーよりもまだ使いやすいが、やはり初心者にはあまりオススメできるブキではない。

spl_ic 解説

メインウェポン

射程こそは短いものの、相手をキルするのに必要とする時間はかなり短い。その為、相手がバリアやダイオウイカを使う前に倒しきることが出来る。

近づけることさえできれば強力なので、如何に相手に近づくかが腕の見せ所である。

 

高低差のあるマップでは上下からの奇襲、視界の悪いマップでは死角やイカ潜伏の状態から奇襲するように意識しよう。

サブウェポンであるポイントセンサーを使って相手の動きを捉え、ここぞと言う時に攻撃を仕掛けよう!

 

基本的に真正面からの殴り合いにはかなり弱いので、無理せず逃げることも重要である。

特に対ローラーは射程でも負けており、近距離でも一撃でやられてしまうため、戦わないようにするのが一番の安全策と言えよう。

塗り能力自体は優秀なので、エリアを奪ったりナワバリを広げる際には、大きく貢献することが出来る。

サブウェポン ポイントセンサー

サブウェポンはポイントセンサー。相手の動きを捕捉することができる為、奇襲を狙いやすくなる。

相手に付けておくだけで味方への援護にもなるので、隙あらば投げつけていこう。

スペシャルウェポン ダイオウイカ

相手に遠距離から狙われた時や、接近戦で先手を取られた時とかに使っていこう。

ダイオウイカを保険にすることで、防御をあまり気にせず強気に攻めることが出来るので、押し負けそうになったら積極的に使っていこう。

塗り能力の高さのおかげでゲージ自体はすぐ貯めることができるので、どんどん使うようにしていこう。

spl_ic オススメギアパワー!!

kougeki_up【マーキングガード】
射程の関係上、相手に近づいて奇襲を狙いにいく必要がある為、マーキングが付いてしまうと非常に邪魔になってしまう。
ikaninnzya_up【イカニンジャ】
相手にバレずに近づく必要がある為、移動時に気づかれずに済むのは大きなメリットである。ただし、イカ速度がダウンするので気をつけよう。
ikaninnzya_up【イカダッシュ速度アップ】
相手との距離を詰めたり、素早く動き回る必要がある為、困ったらとりあえずこのギアを積もう。ダイオウイカのスピードも上がるので、積んでおいて損は無い。
ikaninnzya_up【ヒト移動速度アップ】
射程外に逃げようとする相手を撃ちながら追いかけるケースもあるため、多少着けておくといざという時に心強い。イカダッシュ速度が十分だと思うならこっち。
kougeki_up【スペシャル増加量アップ】
ダイオウイカを積極的に使っていきたいならオススメ。元々塗り性能が高いため、すぐゲージをためることが出来る。
ikaninnzya_up【安全シューズ】
インファイトでの撃ちあいの時や、後述するテクニックを使用する時に必須となる。

spl_ic テクニック&小ネタ

雷神ステップ

※一般的にこちらの名称が多く使われているため、本稿では雷神ステップという名称で解説を行います。

ヒト状態とイカ状態を切り返しながら高速で移動するテクニック。主に敵インクが多く塗られてる場所で使う。

ヒト状態で地面を撃つ→イカ状態になって移動→ヒト状態になり地面を撃つ→・・・を繰り返すことでできる。

相手を翻弄したり、キルされるまでの時間を稼ぐなど、スペシャルゲージが貯まってない状況下では、頼りになるテクニックである。

試し撃ちなどで繰り返し練習しておくといいでしょう。

参考例

spl_ic ボールドマーカーネオ参考動画