Splatoon(スプラトゥーン)ブキ攻略 – わかばシューター | スプラトゥーン攻略まとめ

Splatoon(スプラトゥーン)ブキ攻略 – わかばシューター

wakabasyu-ta-_03

 

Splatoon(スプラトゥーン)ブキ攻略 – わかばシューター

 

wakabasyu-ta-wakabasyu-ta-_02

 

射程攻撃力(最大ダメージ)連射力スペシャル減少量確殺数(確殺F)
3227(28)7560%4発(18F)

spl_ic ブキ評価

初期状態から使えるブキ。弾のばらつき具合やインク効率の良さから、塗り性能が非常に高い。

またメインウェポン、サブウェポン、スペシャルウェポンの全てが癖の無い扱いやすい為、始めたばっかりのプレイヤーには打って付けのブキである。

 

また初心者向けと入ったものの、シンプルで使いやすい故に上級者同士の戦いでも活躍できるポテンシャルを秘めている。

 

一方で射程が短いという欠点があり、真正面からの殴り合いには不利。また、バリアを張っても射程差でゴリ押しされてしまうケースも非常に多い。

 

戦闘面ではメインウェポンだけではなく、サブとスペシャルの両方を駆使する必要がある。総じて立ち回りが非常に重要なブキと言えるだろう。

spl_ic 解説

メインウェポン

射程が短く確殺数も4発と少し心もとない。さらに弾にばらつきがある為、ある程度相手との距離があるとキルするまでに時間がかかってしまう。

戦闘にはあまり適したとはいえないので、基本はマップを塗り、スペシャルが溜まったら前に出るようにしよう。

 

スペシャルを使ったら前線から少し下がり、再び塗りに徹するといいだろう。

 

マップを塗る際は満遍なくマップを塗り、ゲージ貯めを徹底しよう。

サブウェポン スプラッシュボム

サブウェポンはスプラッシュボム。メインウェポンの射程が短いこのブキにとって、このブキが生命線といっても過言ではない。

高台に上ってる敵に投げつけて無理やり引きずりおろしたり、逃げる相手の進路上に投げつけるなど、使いどころは多い。

 

スペシャルウェポン バリア

ゲージが溜まったら強気に前に出て、どんどん使っていこう。

出来る限り無駄遣いは押さえ、一度使った時は最低でも1キルするぐらいの心構えで行こう。

とはいえ、やられてしまっては元も子も無いので、チャージャーに狙われたり身の危険を感じた時は、出し惜しみせずに使っていこう。

 

バリア中は味方に触れることでおすそわけをすることができるので、味方が一箇所に集まってる時に使うのも有効。

 

spl_ic オススメギアパワー!!

kougeki_up【ボム飛距離アップ】
メインウェポンの射程が短いので、ボム飛距離を上げることで遠くにいるシューターへ対応しやすくなる。一個積むと大体スクイックリンの射程ぐらいの飛距離になる。
ikaninnzya_up【スペシャル増加量アップ】
このブキにおけるバリアは非常に重要な為、一試合のバリアの回数を増やすにはうってつけ。このギアを着ける場合は、大体メイン2つ分程に抑えておこう。それ以上積んでも効果が少ないからである。
ikaninnzya_up【ヒト移動速度アップ】
塗り効率が向上し、結果的にはゲージ回収率も良くなるためオススメ。打ち合いの時の立ち回りにも効果的。
kougeki_up【逆境強化】
スペシャル増加量を十分積んで、それでも物足りないならこれを積もう。
ikaninnzya_up【スペシャル減少量ダウン】
バリアを抱え落ちしたときの保険として便利。もし気になるようであれば1つ着けておこう。

spl_ic わかばシューター参考動画