【スマブラ3DS/WiiU】キャラ攻略 – ドクターマリオ | スマブラ攻略まとめ

【スマブラ3DS/WiiU】キャラ攻略 – ドクターマリオ

ドクターマリオ




著者:ロム(@hyakunennromu)監修:しゃち(@ytdigm)

3DS 隠しキャラクター。60回対戦を行うか、マリオでシンプルをホンキ度4.0以上クリアで使用可能。
WiiU 隠しキャラクター。50回対戦を行うか、マスターオーダーをふつう以上の難易度クリアで使用可能。

目次

強いところ

ダメージ、バースト力に優れた技が多い
空中後攻撃はこのキャラの主力技であり、単発で13%ものダメージ入る。連射が効きふっ飛ばしも申し分ない高性能技である。上必殺技はマリオとは異なり単発で威力が高く、バースト技として使っていくことができる。空中前攻撃は破格のバースト力を持っており、下投げからコンボとして繋げることができるので狙って行きたい。
飛び道具と反射技を併せ持ってる
平均的な性能の飛び道具とそれなりに優秀な反射技の両方を兼ね備えているため、中距離戦での戦いに対応しやすい。
割り込み性能に優れた技が多い
空中ニュートラル攻撃は発生が早く着地隙も少ないため、低リスクで相手の行動に割り込むことができる。上必殺技は発生・判定がともに強くリスクはでかいが、空中ニュートラル攻撃以上のリターンで割り込むことができる。
ガードキャンセル行動が強い
ガードキャンセル上必殺技が非常に優秀で、反転入力することで両サイドに攻撃判定を出すことができるので、裏表分からなくてもめくりにも対応することができる。上スマッシュの性能もよく、相手の空中攻撃をガードした時の反撃手段として使っていこう。戦場の台上に居る時ガードを貼って、敵の頭が少しでも台上にはみ出たら、透かさず上必殺技を叩きこもう。

弱いところ

機動力が非常に低い
ダッシュが遅くジャンプ力もあまり高くない。そのため相手に逃げられてしまうと、中々追いかけることが難しく、着地狩りを狙うのも厳しい。相手のスマッシュ攻撃をガードしてノックバックが入った場合、ダッシュが間に合わなくて反確が取れないなど様々な問題点を抱えている。逃げる相手には動きを先読みするようにし、ノックバックに関しては極力ジャストガードをして回避するようにしよう。
リーチが短い
リーチが短く、接近戦を仕掛けざるを得ない。投げリーチも短く、機動力の低さも相まってガードを崩しにくい。掴みを狙う場合はすかし行動なども織り交ぜて使っていこう。
復帰力が非常に低い
横の復帰距離は多少マシだが、縦の復帰距離が非常に短い。さらに、空中の機動性能も悪いせいでルートがほぼ限定化されており、上必殺技にも無敵がないのも相まって復帰が簡単に潰されてしまう。早めに上必殺技を出して復帰したり、高度があるなら予めカプセルを撒いておいて、相手を崖に近づけないようにしておこう。また距離が足りるのであれば、極力トルネードは使わずに上必殺技で復帰しよう。トルネードは一度使うと地面に着地するまで上昇しなくなってしまうからである。可能な限り場外には出ずに、追撃する際も深追いはしないように気をつけよう。
着地狩りに弱い
空中下攻撃は下方向の判定が強く、暴れ技としては悪くはないが着地隙が長いせいで、地上ガードで様子見されると反撃を食らってしまう。ドクタートルネードも同様にガード様子見で反撃確定になる。だからといって空中ニュートラル攻撃を置いても、相手に対空技を出されると判定負けしてしまう。極力崖に逃げるようにするか、空ダシーツを使って着地地点をずらしていくようにしよう。

総合評価

マリオと比べて単発威力の高い技が多く、一発逆転の力も秘めているパワータイプのキャラ。一方で失ったものが多く、立ち回りに関しては機動力の低さも相まって、中々厳しい性能となっている。通常必殺技のカプセルを使って牽制し、近距離では空中後攻撃や横強攻撃を使って牽制していこう。カプセルは後隙が長いため、上手く距離を調整して使うようにしよう。投げは直接ダッシュ掴みで狙いにいくのではなく、空中後攻撃やカプセルを使って相手にガードを強制させ、固めたところを狙っていくといいだろう。バーストはダッシュからの上スマッシュを狙っていき、相手がガードを固めたところに後投げを狙ってみるといいだろう。他にもガードキャンセルからバーストできる上必殺技、発生の早い下スマッシュを使うといいだろう。OP相殺が気になるが、空中後攻撃のバーストも非常に重要である。崖際での読み合いや場外への追撃は、下必殺技がオススメである。

主力技

立ち回り編

空中後攻撃「ドロップキック」
ドクターマリオの主力技。発生が早く単発威力が13%でふっとばしも非常に強く、崖際の相手ならば120%ほどあれば容易にバーストすることが出来る。ドクターマリオの技にしてはリーチも長いので牽制技としても使うことが出来、シークの鉈やディディーの空中前攻撃と相打ちになってもダメージ的にお得である。連射もきくので一度に連続で決めれば、一気に火力を取ることも出来る。
通常必殺技「カプセル」
飛び道具。立ち回りが弱いドクターマリオにはこの技を使って慎重に立ち回っていく必要がある。カプセルは小バウンドと大バウンドの二種類があって、出した高度によって変わる。大バウンドはバウンドが高すぎて地上の相手を飛び越えてしまい、非常に使い勝手が悪い。できるかぎり小バウンドになる高さで使おう。カプセルは地上大ジャンプから最速で出すと、地上に着地する前に空中ジャンプを出すことが出来る。通常のキーコンだとやるのは難しいがLかRをジャンプに設定している方なら必殺技ボタンとLかRを同時押しすることで簡単にやることが出来る。相手がカプセルの後隙を狩ろうとしたところに、上必殺技で追い返すといったことが可能である。
下投げ
投げコンボに派生することが出来る。ダメージ稼ぐことができ展開重視の空中上攻撃や、バースト狙いの空中前攻撃などでコンボが可能である。ドクターマリオは相手を掴むのが難しいので、万が一掴めた時は最大火力を出せるように意識しておこう。下投げ空中前攻撃のコンボは非常に強力なので、確定%帯は多少強引にでも狙ってみよう。
空中ニュートラル攻撃
ショートジャンプから出しても着地隙がなく、発生が早く持続も長くて非常に使い勝手がよい。この手の技には珍しく、出始めよりも出し切ったあとの方が威力が高いので、持続を活かしやすい。割り込み技として重宝でき、低%はこの技からのコンボも狙えるので、取り敢えず様子見で出しておくのもいいだろう。
上強攻撃
低%時に当てた時のリターンが非常に高い。重量級ならこの技のお手玉だけで30%近く稼ぐことができる。序盤に当てることが出来れば、一気にダメージ面で優位に立つことができるので、強気で振っていこう。優秀な割り込み技を持っている相手には、暴れを読んでガードからの下投げコンボに移行するといいだろう。
横強攻撃
ドクターマリオの地上技の中ではリーチの長い技。空中後攻撃からの横強攻撃など、微妙な間合いになったら取り敢えず振っておこう。また相手のステップに対して置いておくのも効果的。

バースト編

上スマッシュ
かつてはマリオの劣化版と言われてた上スマッシュだが、最新バージョンのアップデートの際に大幅強化され、同等とまでは言わないがそれに近いぐらいの性能へと進化した。範囲が非常に広くマリオと違って前方範囲もカバーしてくれるので、とても頼りになる。後方から攻撃判定が発生するので、正面の相手にぶつける場合は反転動作を入れてから出すようにしよう。バースト面以外でも頼りになり、相手のショートジャンプからの攻めを潰す役目も担っている。序盤から終盤まで強気で振っていこう。
後ろ投げ
ドクターマリオの貴重な投げバースト。上スマッシュが警戒させ、ガードを固めた相手に対して使うと効果的である。崖際なら110%ちょいでバーストでき、崖の読み合いで裏択として使っていくのも有り。他のバースト技警戒させればさせるほど光る技である。
下必殺技
主に崖際での読み合い、追撃手段の一つとして使っていくことができる。タイミングさえ合えば、崖離し以外の行動を狩ることが出来、非常に強力である。他にも相手が崖を掴みに来た時に使っていこう。
上必殺技
発生3Fで割り込み技として非常に優秀な上、威力13%のバースト技とかなり破格の性能である。復帰技としては微妙だが。反転入力することで両サイドに攻撃判定出せるので、両サイドに対応することができる。またガードキャンセルからの切り返しとしてもかなり優秀で、後方に対して素早く威力13%のダメージで反確を取ることができる。低%は当てて反確になることがあるので、その場合はガードキャンセルジャンプ空中後攻撃や空中ニュートラル攻撃で抑えておこう。

小ネタ

崖シールド昇竜
崖際で相手が崖掴みをしてる状況でシールドを張り上必殺技を狙うテクニック。
・その場上がり→ガードキャンセル上必殺技
・攻撃上がり→ガードで耐えた後ガードキャンセル上必殺技
・回避上がり→ガードキャンセル反転上必殺技
・ジャンプ上がり→ガードキャンセル上必殺技(カス当て)
・崖掴みっぱ→ガード解除下スマッシュ
といった感じに相手の崖択を潰すことができる。

代表的なコンボ

下投げ→空中上攻撃
ダメージ13%(6%→7%)
ドクターマリオの基本的なコンボ。100%を越えても繋がるので安定して狙うことが出来る。空中上攻撃で浮かせた後は着地狩り狙って追撃にいこう。空中上攻撃の飛び方具合ではさらに上必殺技でコンボを繋げることが出来る。

下投げ→空中上攻撃→上必殺技
ダメージ(6%→7%→13%)
上記のコンボからさらに繋げることが出来る。空中上攻撃を当てた時の浮き具合やファイターの落下速度によって変わるので状況によって判断しよう。仮にコンボとして繋がらなくても上必殺技の発生が3Fなのでまず、判定負けするようなことはないだろう。

下投げ→空中後攻撃
ダメージ19%(6%→13%)
50%ぐらいまで繋げることが出来、入力は少々シビアだがダメージをより多く稼ぐことが出来る。空中後攻撃を当てた後はさらにもう一度空中後攻撃で追撃にいけるので狙ってみよう。

下投げ→空中前攻撃
ダメージ22%(6%→16%)
通称下投げグーパン。非常に威力が高く相手をバーストすることが出来る。崖際なら80%もあればバーストを狙うことが出来、ほかほか次第ではより早くバーストすることが出来る。確定で繋がる%帯はファイターによって異なるが目安70%~100%の間なので、この%帯で掴んだ時はすかさず狙おう。

下投げ→上スマッシュ
ダメージ22%
10%以下の相手に繋げることが出来る。試合開始してすぐ掴んだ時とかに狙っていこう。落下速度の遅いファイターには、少しタイミングをズラしたりする必要があるので覚えておこう。

下強攻撃→下強攻撃→上必殺技
ダメージ24%(5%→6%→13%)
下強攻撃の根本を当ててから狙うことが出来る。一発目を先端で当てた場合は即上必殺技に移行するといいだろう。若干リスクが大きいコンボなので、難しいと思ったら横強攻撃上シフトや空中上攻撃で追撃するといいだろう。

空中後攻撃→横強攻撃
ダメージ24%(13%→8%)
低%時、地上の相手に空中後攻撃を当てたときのコンボ。多少シビアになるが反転弱攻撃や、反転下強攻撃などでもいける。

動画

データベース

キャラ基本性能

体重走行落下速度急降下スキル
20位49位28位27位壁ジャンプ