スマブラ用語&テクニック解説

titletop_sumabura_wiiu3

この記事では公式用語や一般的によくでてくる用語、テクニックなどについて初心者にもわかりやすく説明していこうと思います。
何か問題点、追記欲しい点などがございましたら下記のコメント欄をご利用下さいませ。

目次

 

システム

【ガード】※正式名称 シールド

このゲームにおける防御手段の一つ。
投げ属性の攻撃と極一部の攻撃を除く大半の技を防御することができる。
ガードを貼り続けたり相手の攻撃を受けたりするとシールドが削れらてしまい、削りきられてしまうとシールドブレイク状態になり一定時間何も操作できなくなる。
正式名称はシールドなのだが、一般的には「ガード」と呼ばれることが多い。
当サイトでも基本的にガードで記述している。

【ジャストガード】※正式名称 ジャストシールド

ガードの初めの部分で相手の攻撃を耐えることで、本来ガード解除の際にかかるフレームを無視してすぐ行動することが出来る。
これにより普通にガードすると反撃できない技、ガードキャンセルでも反撃ができない技などに対して反撃を取ることができるようになる。

【ダッシュ】※正式名称 走行

キャラが走っている状態。
ダッシュ攻撃や上スマッシュなどを出すことができる。

【ステップ】※正式名称 ダッシュ

ダッシュをする際の最初の動作である。ステップはキャラごとに距離、間隔が異なっている。
ステップ中はガードを貼ることができず、攻撃をくらってしまうので注意が必要。
ステップの始まり部分はスマッシュを出すことでキャンセルをすることができる。

【ガードキャンセル】

本来ガードを解除するには一定のフレーム数を要するのだが、ガードキャンセルをすることでそのフレームを無視して行動することが出来る。
ガードキャンセルはガード中にジャンプをするか、ガード中に攻撃ボタンを押して掴みを出すことでキャンセルすることが出来る。
またジャンプを経由することで上スマッシュ、上必殺技を出すことが出来る。

【ベクトル変更:ベク変】

相手から攻撃を食らった時にスティックを倒しておくことで、スティックを倒した方ふっ飛びベクトルを寄せることが出来る。
コンボから抜けたい時は相手から離れる方向にスティックを倒すことで相手との距離を稼ぐことができ、逆にバーストを拒否する時は上ベクトルの技は横に、横ベクトルの技は反対の向きや上に倒しておくと良いだろう。
技ごとに変更する方向は異なるので注意しよう。
よくずらしと混同されがちだがその本質は大きく異なっており、ふっ飛ぶ時の角度を変えるのがベクトル変更攻撃を受けた時に攻撃を受けたキャラの位置を少し変えるのがずらしである

【ヒットストップずらし】

弱連打系の技などを受けてる最中にスティックを傾ける事で、ファイターの座標軸を傾けている方向にずらす事が出来る。
主な用途としては敵から離れるようにずらことで、弱フィニッシュにガードで割り込み反撃を取るといったような使い方ができる。
ヒットストップずらしには攻撃を受けた時のヒットストップ中に入力できる通常のヒットストップずらしと、攻撃を受ける前に入力しておくことでずらしができるオートヒットストップずらしがある。

【受け身】

相手から攻撃をくらいダウンした時や壁に激突した際に回避をすることによって、吹っ飛びの勢いを無効にしすぐ体制を立て直すことが出来る。
崖受け身は相手の追撃来られた時などに大事になってくるので、ぜひともマスターしよう。

【崖奪い】

今作から新たに加わったシステム。
他のファイターが崖を掴んでる最中に崖を掴むことで、相手を崖から追い出すことができる。
崖奪いが成立すると奪われた側には一定時間操作ができないため、この時に崖を奪った側は確定で追撃することが出来る。
崖を掴んでる際は相手に奪われないように気をつける必要がある。

【ホカホカ補正】※非正式名称

今作から新たに加わったシステム。
自身の%が貯まれば貯まるほど、個々の技の吹っ飛びが強くなり早期撃墜できるようになる。
35%から補正がかかるようになり、150%まで貯まると補正がMAXになる。
ホカホカ補正がついてる状態だとコンボが繋がりにくくなるといった弊害もあるので気をつけよう。

テクニック

【めくり】

格闘ゲーム用語の一つ。
相手に空中攻撃をする際、攻撃をあてつつ相手の後方に着地することで相手のガードキャンセル行動をくらわないようにするテクニック。
ガードキャンセル行動の弱いキャラに対しては非常に有用なテクニックと言える。

【吹っ飛び緩和】

相手から攻撃をくらい吹っ飛んでる最中に特定の行動をすることで、吹っ飛びの距離を短くすることが出来る。
各キャラクターの最大緩和一覧はこちら

その他

【反撃確定:反確】

格闘ゲーム用語の一つ。
相手が隙などを晒してこちらの攻撃が確実に入る状況の事を指す。
ここを確実に拾えるかどうかで初心者か初級者の違いが現れてくる。

【バースト】※正式名称 撃墜

相手を倒す事。
ステージごとにバーストラインというものが決まっており、そのラインを超えることでバーストとなる。
ただし上方のバーストラインのみ特殊で、他のプレイヤーからの攻撃をくらわない限り、上のラインはどんなに越えてもバーストにはならない。

【ポート】

1P、2Pなどのことを指す。
二人以上のプレイヤーが同フレーム内に同じ崖を掴んだ際、ポートの若い方(1Pと2Pならば1P側が若い方)が崖を奪われるという仕様があるので、一般的にポートは相手よりも高い方を選ぶと良い。

【ダブルマークナル】

一回目の攻撃を空中緊急回避で避けられた後に、その回避の後隙に二回目の攻撃を重ねるテクニック。