【スマブラ3DS/WiiU】キャラ攻略 – ルカリオ

ルカリオ




著者:胡麻麦茶(@gmmg_tea)

3DS  初期状態から使用可能。
WiiU 初期状態から使用可能。

目次

強いところ

波導補正
ストックに差がついている、もしくはダメージを受けていれば受けているほど全技の火力、バースト力、必殺技の性能が強化される固有システム「波導」によって全キャラ屈指のバースト力と逆転力を誇る。
中距離以上における制圧力
優秀なダッシュ攻撃や2種類の飛び道具を持っており、中距離~遠距離戦で大きなプレッシャーをかけることができる。飛び道具を反射、吸収を持つキャラ以外であれば打ち負けることは少ない。
多彩な移動方法
壁張り付きや壁キック、しゃがみ歩きを使えるため移動に幅を持たせやすい、壁張り付きは一部ステージでは強力な復帰手段にもなりえる。

弱いところ

波導がないと今一つ
ダメージを受けるほどに強くなるが、ダメージが溜まっていない状態だとその力をあまり発揮できない。序盤や先にバーストされてしまったあとは特に苦しい展開を強いられてしまう。
地上技の発生や後隙等に不安が残る
中量級相当の体重ではあるものの、重量級並みの発生や後隙を持つ地上技が多めでで、近距離戦が苦手。
移動性能がやや悪い
全体的に動きが遅く、技の発生の遅さも相まって自分から攻めることが難しい。

総合評価

他のキャラにはない特殊な補正を持つ異色なファイター。
波導補正が高まった時の火力やバースト力、威圧感と引き換えに、全体的な技の発生や機動力などの基本性能はやや低め。
補正がないと不利な戦いを強いられてしまうケースが多いため、どれだけバースト拒否をし、高%を維持した状態で立ち回れるかがカギとなる。
また、吹っ飛ばし力の高い技の多くは発生が遅く連携も狙いづらい。高いバースト力を誇るとはいえ、それらを当てるためには細かい技で有利な状況を作り出す必要がある。
技や機動力の都合上積極的に攻めることはできないため、ドッシリ構えて相手の出方をうかがいつつ一撃一撃を堅実に当てていく立ち回りが求められる。

主力技

立ち回り編

横強攻撃
発生はやや遅いがルカリオの技の中ではリーチがそれなりにあり、2段攻撃なので持続に優れる。後隙もあまりないので置き行動として最適。
シフト可能な攻撃で、上シフトでショートジャンプ空中攻撃への抑制、下シフトで崖下相手への追撃が主な役割となる。
上強攻撃
ルカリオの地上技の中で最も発生の速い技、その場回避からの素早い攻撃や連携パーツなどに用いることができる。
下強攻撃
同じく発生は遅めだが、全体フレームがルカリオの技の中で最も短い。牽制や連携の起点としての活用がお勧め。
空中ニュートラル攻撃
ルカリオの空中攻撃の中でも発生、リーチ、判定、着地隙全てが高水準でまとまっている技。連携の始動技としてSJ急降下から差し込みに使うのが主な用途。本当たりの持続があまりなく、全体フレームがやや長いためそこにだけ気を付ければ非常に汎用性の高い技
空中前攻撃
持続は無に等しいが、ルカリオの空中攻撃の中で最も全体フレームが短く発生が早い。ショートジャンプから唯一2回打てる技で、前方向にはそれなりにリーチがあるため、主に空対空や横方向から攻め込んでくる相手に対する反撃取り行動として用いる。
空中下攻撃
ルカリオの技の中で最も発生の速い技で、その場に一瞬留まる特殊な空中攻撃。主にガードキャンセルからの反撃や浮かされた時の迎撃手段として使う。
通常必殺技「はどうだん」
ルカリオの代名詞的技。若干後隙が長いが、バースト、牽制など非常に幅広い行動の手助けをしてくれるルカリオの要。ただ打つだけでなく回避やガード、ガードキャンセルジャンプで溜めを保持するなどの行動を駆使して溜める行動自体も意識させると効果的。

バースト編

各スマッシュ攻撃
どのスマッシュも吹っ飛ばし以外の性能はあまり高くないが、その吹っ飛ばす力は補正が乗ることでとてつもないことになる。
上スマッシュ以外は確定状況を作り出すことがほぼ不可能なため、当てるためには相手の行動を読み切る必要がある。ハイリターンであると同時に後隙が大きくハイリスクでもあるため、ここぞという場面以外での使用は避けたいところ。
上スマッシュだけは大体70~80%以降の相手にはどうだんの溜め部分を当てることで確定する位置が存在する。「空ダ」というテクニックも併せると狙える場面が飛躍的に増えるのでぜひマスターしておきたい。
空中後攻撃
これまた発生が遅く、連携から狙えるバースト方法ではないが、空中攻撃なので間合いを調整しやすく先端をうまく当てればノックバックの大きさから反撃を受けづらいためスマッシュに比べれば気軽に打てる。
そしてやはり波導が高まった際の吹っ飛ばし力はすさまじく、横スマッシュよりも約10%ぐらいバースト%が高い程度で収まるほど。
これまた相手の回避やジャンプなど一点読みに頼らないと当てるのは難しい技ではあるが、前述のとおり地上の相手に対して間合いを間違えなければ比較的ローリスクで打てる。
こちらもはどうたん溜め部分を当てることで確定する位置と%帯が存在する、上スマッシュより必要%が多く、位置もシビアになるため難易度は高くなる。
横必殺技「はっけい」
通常は波導が高まるごとにリーチが伸びる飛び道具系の攻撃だが、技の出た瞬間、相手が超至近距離にいる状態でこの技を出すと相手を掴んで飛ばす投げ攻撃に変化する。
通常の投げ連携でバーストができないルカリオにとっては貴重な投げバースト技、上記のバースト手段がガードで防がれるようならこれを選択できるようにしたい。
掴み判定自体の発生は一瞬でやや遅く、外した際の硬直も大きいが、そのあとに発生する飛び道具部分が身を守ってくれることがあるため、ガードに対しては非常に強い行動といえる。
空中上攻撃
標準的な発生と長い持続を持ち、投げコンボのパーツとしても活躍する技。攻撃判定は蹴り上げた足の黒い部分辺りまででやや狭いためきちんと軸を合わせて打つ必要がある。
吹っ飛ばしはそれなりに大きく、高空で当てる場面が多いため他の攻撃よりも低%でバーストできるケースが多々ある。
主に相手のジャンプや暴れを読み、真下に潜り込んでの追撃や迎撃が当てるタイミングとして挙げられる。地上で波導弾を構えて相手の2段ジャンプを誘発させると真下に飛び込める状況が作れるので比較的当てやすい技といえる。

小ネタ

雪ダイブ
上必殺技「しんそく」は本来、尻もち落下の状態で着地すると非常に大きな後隙が生じる(着地してから行動可能になるまで60F、つまり1秒かかる)。
しかし、やや角度をつけた状態で(大体45度以下)接地し、そのまま下を倒しっぱなしにしておくと、地上神速に移行して後隙が低減されるというテクニック。
名前は発見したスマブラXプレイヤーから由来する。
着地はっけい
空中ではっけいを出し掴み判定が出る前に着地すると、相手が近くにいれば事前に空中ではっけいを出していても地上で掴むことが可能なテクニック。
空中でも使えるガード崩し攻撃として非常に有用で、空中攻撃とこの着地はっけいの二択を迫ることができる。

代表的なコンボ

はどうだん貯め当て→ガード→ガードキャンセル上スマッシュ
ダメージ21%
ルカリオの貴重なバーストコンボ。はどうだんの貯め当ては相手の崖起き上がりに合わせたりすると決まりやすい。また空中ダッシュから出すことで相手の奇襲にの使えるので是非マスターしよう。
上スマッシュを出すにははどうだんの貯めをガードでキャンセルし、即ガーキャン上スマッシュをする必要があり操作が少々難しいので、操作ミスをしないように気をつけよう。

空中前攻撃→空中前攻撃→空中前攻撃
ダメージ13%
低%の時に繋げることが出来る。空中前攻撃は発生が早く後隙も少ないのだが、単発のダメージが少ないのできちんとコンボを繋げて火力を取れるようにしよう。

上投げ→空中上攻撃
ダメージ19%
ルカリオの投げコンボ。低%すぎると入らないので注意が必要。相手を打ち上げるのでさらに追撃がしやすく着地狩りも狙っていけるので、迷った時はこの投げコンボを狙っていくといいだろう。

上投げ→空中上攻撃→空中上攻撃
28%(9%→9%→10%)
投げコンボ、%や相手のベクトル変更によって繋がる技が多少変化するので注意。

下強攻撃→ダッシュ攻撃
ダメージ10%(4%→6%)
低%~中%限定、下強攻撃で浮かした時のコンボとして。ダッシュ掴みも入る。」

急降下空中ニュートラル攻撃→下強攻撃
ダメージ9%(6%→3%)
少しだけ%が溜まったとき限定。下強攻撃を当てた後は上記のコンボのようにダッシュ攻撃などで追撃しよう。

動画

データベース

キャラ基本性能

体重走行落下速度急降下スキル
18位40位26位23位壁ジャンプ・壁張りつき・しゃがみ歩き・波導補正