【スマブラ3DS/WiiU】キャラ攻略 – ロックマン | スマブラ攻略まとめ

【スマブラ3DS/WiiU】キャラ攻略 – ロックマン

ロックマン




著者:かめむし(@kameme8808)

3DS  初期状態から使用可能。
WiiU 初期状態から使用可能。

目次

強いところ

崖際のプレッシャーがかけやすい
崖外に出したときに回避を見ての空後が簡単に当てられるため相手が回避をしづらくなるから回避を制限できる。崖を掴ませた場合も崖奪い空後が確定するため崖掴みにもリスクをつけやすい。
中距離の立ち回り
弱攻撃がギリギリ届く距離が維持しやすくじわじわとダメージをためやすい。通常必殺技はガードされてもリスクが少なく、ガード固め時、ヒット時に投げが確定する場面があるため火力がとりやすい。
リスクの少ない牽制技が豊富
弱攻撃、通常必殺技を打った際にこちら側のリスクが少ないため、相手の動きが非常に見やすい。

弱いところ

コンボ耐性が低い
ロックマンは浮き方が特殊で、ほかのキャラより浮かないため、マリオやフォックスの上強攻撃など、上に飛ばす技がよく入る。
着地が狩られやすい
浮かされた場合、そのまま着地をすると暴れ技が少ないため相手のダッシュガードにリスクをつけられない。そのため下必殺技(空ダ)、上必殺技など自分が若干不利な状況を作ってでも着地をしなきゃいけない。
復帰の選択肢が少ない
上必殺技でしか復帰ができないため、狩られやすい。上必殺技時に横移動も少ないため横に飛ばされると復帰の軌道が読まれる。

総合評価

弱攻撃と通常必殺技で中距離を維持しつつ、相手が隙を見せたときに手堅いコンボをとっていき、反撃確定場面は最大をとっていくキャラ。強いところは相手に崖を背負わせたときにやることが豊富。自分の得意な距離を維持しやすくパーセントをじわじわためられる。弱いところは浮かされたときの着地の選択肢が少ないため着地が狩られやすいため辛い展開が続きやすい。コンボ耐性が低いため、コンボ力の高いキャラにすぐパーセントをためられる。

主力技

立ち回り編

弱攻撃
一段止め、二段止め、三段止めを使い分けると相手に読まれずらくなる。操作制度が高いため練習が必要。ロックマンは困ったらとりあえず豆を撒いておく
通常必殺技(メタルブレード)
ガード固め、ヒット時に掴みが確定する。メタルブレードを持った段階で読み合いができる。中距離の場合はロックマン側にリスクが少ない。
下強攻撃
発生が5Fとロックマンの中では2番目に速いため咄嗟な反撃確定に使える。持続も長いため狩りやすい。ただ後隙が非常に長いため確定場面でしか出してはいけない。これを使えるか使えないかでだいぶ大きく変わる。

バースト編

空中後ろ攻撃
発生が4F、補正がのったときのふっとばしが強い、12パーセント入るためコンボの締めに使える。
上強攻撃
バースト力が高いため、通常必殺技からの確定、最大反撃確定場面で非常に強い。
上スマッシュ
範囲が広いため反撃確定に使いやすい。崖のその場上がり、ジャンプ上がりは持続で当てると狩れる
後ろ投げ
投げの中で一番バースト力がある

小ネタ

下必殺技(リーフシールド)→踏みつけ

戦場の左右台にいる相手に空中上攻撃を打ったとき、相手がガードした場合ガード硬直中に次の空上が間に合うから最終的に確定する。

代表的なコンボ

下投げ→空中前攻撃
ダメージ13%(5%→8%)
パーセントは下投げ空中後攻撃より低いが空中前攻撃から相手がなにもしないと空中上攻撃が確定する。

下投げ→空中後攻撃
ダメージ16%(4%→12%)
低%時の主力コンボの一つ

空中斜め下メタルブレード→上強攻撃
ダメージ23%(6%→17%)
バーストコンボの1つ

空中斜め下メタルブレード→上スマッシュ
ダメージ20%(5%→16%)
上強攻撃が根元ヒットしないときに使う

メタルブレードダッシュキャンセル前投げ→上スマッシュ
ダメージ20%(5%→15%)
低%時に相手の吹っ飛びによって確定する

動画

データベース

キャラ基本性能

体重走行落下速度急降下スキル
15位42位5位6位壁ジャンプ