ロゼッタ&チコ 小ネタ・テクニック解説 | スマブラ攻略まとめ

ロゼッタ&チコ 小ネタ・テクニック解説

SSB4_charactor_rosetta_chiko

ロゼッタ&チコの個別キャラ解説はこちら

目次

 

~ロゼッタ&チコのテクニック集~

ピース式

実用性:★★★☆☆
難易度:★★☆☆☆
 
崖際のふらふらしている状態から、振り向いて上スマッシュホールドをするテクニック。
ふらふらからの振り向きにより、チコがステージの内側へ少し移動するので、
相手の崖登り行動を大体狩る事が出来る。
 
崖登り→ロゼッタのスマッシュが当たる
崖登りジャンプ→ロゼッタのスマッシュが当たる
崖登り転がり→チコのスマッシュが当たる
 
このテクニックは崖奪いと併用することで真価を発揮するので、両方使えるようになろう。
 
こちらがふらふら状態だと相手は「ロゼッタは崖奪いを狙っている」と考え、
崖奪いをされないように、崖掴み→先行入力崖登り行動 をしてくることがあるため、
その行動にピース式を合わせる事が可能となる。
 
一度崖奪いを決めるとより有効に働くだろう。
 
ピース式と崖奪いの両方を相手に意識させることで、崖捕まり時には相手にプレッシャーのかかる2択を押し付ける事ができ、
崖際での行動を制限出来るため、試合展開をコントロールしやすくなるだろう。

空中下攻撃 復帰阻止

実用性:★★★★★
難易度:★☆☆☆☆
 
ロゼッタの空中下攻撃による復帰阻止の強さは言うまでもないと思うが、
空下には数パターンの良い当て方があるので、覚えておこう。
 
①チコの部分を当てる
チコ部分の空下は空上と同じく、それなりに吹っ飛ばし力があり、
低%での吹っ飛ばし力がある程度保障されているため、ベクトルが横方向なのも相まって崖外で当てることで早期バーストが可能。
 
②サターンリングの真ん中~先端の方の部分を当てる
ロゼッタ本体から出るサターンリングは出始め・中間・終わり際の3つの判定があり、中間判定はメテオになるので、うまく相手を叩き落とそう。
 
③サターンリングをカス当て→踏みつけ
ロゼッタ本体のサターンリングをカス当てさせると、その後にほぼ踏みつけを決める事が出来る。
復帰力があまりない相手の場合は、これを決めることでかなり低%でのバーストも可能となる。

掴み抜け 上スマッシュ

実用性:★★★★☆
難易度:★★☆☆☆
 
情報提供 べじたむさん
 
チコを横必殺技で切り離し状態でダッシュ掴みするとチコが前に出てくれます。
その後掴み打撃を一切入れないまま放置しておくと、相手がジャンプ掴み抜けをするのでそこに上スマッシュが確定で繋がります。
確定で繋がるキャラはルイージ、Jr.、ワリオ、村人、リュカの4人が現在確認されています。
特定のキャラクター限定とはなってしまいますが、いざという時の撃墜に大きく役立つので是非覚えておきましょう。

~チコのテクニック集~

ダッシュキャンセル掴み

実用性:★★★★★
難易度:★★★☆☆
 
ダッシュ中に弱→投げ(A→Z)を、ほぼ同時押しになるくらいのタイミングで入力すると、
ダッシュ攻撃をキャンセルして投げを出す事が出来る。
ロゼッタでこのテクニックを使った場合「チコはダッシュ攻撃をして、ロゼッタは投げる」
という動作を行う事が出来る。(以下DAC掴み)
 
DAC掴みは様々なメリットがある非常に有用なテクニックであり、ロゼッタを使う上では是非習得しておきたい。
 
~メリット~

  • 通常のDAC掴み同様、掴みのリーチが若干伸びる。
  • 相手がガードをしていない時は、普通の掴みをした場合よりもダメージが3%伸びる。
  • 相手がダウンをしているところにDAC掴みをすると、チコの攻撃で強制的に起き上がらせて掴む事が可能。
  • 受身を失敗したところを狩ったり、ダウンしての読み合いをしようとしている相手などを強制的に投げることが出来る。更に下強を当てて相手が受身をしなかった場合はDAC掴みが確定するので、是非狙っていきたい。
  • 相手の置き弱などに対してDAC掴みをすれば、チコのDAで弱を相殺しつつロゼッタで掴む事が出来る。ダッシュや投げを咎めるための置き弱などを逆に咎めることができ、非常に有能な技である。
  • チコのDAが当たればほぼ掴めるため、投げのフレームが実質6Fになる

 
~デメリット~

  • 相手がカウンター技をした時は、カウンターを食らってしまう。
  • 入力が安定しないとDAや、横スマッシュなどに化ける。

 
 
このように非常な多くのメリットがあるので是非覚えておきたい技であるが、
デメリットで挙げた通り、安定して入力するには練習が必要となる。
 

 

チコ仕込み着地

実用性:★★★★★
難易度:★☆☆☆☆
 
ロゼッタが着地する直前に空中ニュートラル攻撃・空中前攻撃・空中後攻撃等の空中攻撃を入力すると、
「ロゼッタは着地をしているのに、チコは空中攻撃をする」という状態になる。
この状態を利用して、着地隙を狩られるリスクを軽減したり、ロゼッタがガードしつつ
チコは攻撃を行うといった事が可能になる。
 
タイミングが少し難しいこのテクニックであるが、
小ジャンプ→最速空中下攻撃→空中ニュートラル攻撃or空中後攻撃or空中前攻撃
をすることで、簡単にチコ仕込み着地を出すことが出来る。

 
 
後ろを向いている状態で、着地際に空Nを仕込めば
相手のガードキャンセル行動に対し、チコの空Nが着地から遅れて刺さるので、
ガードキャンセル行動を潰せる事がある。
 
またこのテクニックを使い、チコが空N等のモーションをしている間にロゼッタがスマッシュホールドをすると、
空Nのモーションが終わったチコがスマッシュホールドに途中から加わり、ロゼッタと同時にスマッシュを出す。
 
余談だが小ジャンプ>最速空下の動きは通称ホッピングと呼ばれている。

ダッシュ反転→空中後攻撃・空中下攻撃

実用性:★★★★☆
難易度:★★☆☆☆
 
ダッシュ反転をするとチコがロゼッタの後ろにくるので、そこから空後、空下を出すことにより、
チコ空中後攻撃、空中下攻撃のリーチをかなり伸ばすことが可能。
特に空中後攻撃はかなり飛距離が伸びるので牽制に有用なテクニックである。
 
ダッシュ反転→小ジャンプ空後
ダッシュ反転大ジャンプ空後→空後
 
の両方をうまく使おう。

 

ロゼッタ界の跳魚

実用性:★★★☆☆
難易度:★★☆☆☆
 
ダッシュ反転→空中ニュートラル攻撃
一部ではロゼッタ界の跳魚と呼ばれているこのテクニック。
主に地上の相手に対してチコの空中ニュートラル攻撃の二段目のみを当て、そこから掴みや上スマを繋げる事ができます。
ゼロスーツサムスの通常必殺技といった飛び道具を避けながら反撃を取ることもできます。
コンボ始動、火力の起点として使う事ができます。
 
チコブーメランと呼ばれていたりもする。

 

ぐるみあ式

実用性:★★★★★
難易度:★☆☆☆☆
 
崖からキャラ1~1,5体分ほど離れた位置から
崖外にチコシュート>少し待つ>弱連打
 
待つ時間は少しチコが下に下がるまで。
この時チコは地上の方を向いていて、崖をロゼッタとチコが挟むような位置関係となる。

 
 
ロゼッタの言わずと知れた復帰阻止テクニックで、ロゼッタ界最大の発見と言われる事もあるほどの強い行動。
 
ロゼッタは崖外に向かって弱連をし、チコは地上に向かって弱連をしているため、
崖の位置に復帰した相手がチコの弱連で崖の内側へ>ロゼッタの弱連最終段を当て外へ吹っ飛ばす>再び弱連を始める
>復帰にきた相手がチコに当たり・・・
というように、復帰しにきた相手がチコに当たる限り、ほぼ無限ループのような状態となる。
チコを飛び越して崖上に着地をしても、半端な距離ではロゼッタが振っている弱の餌食となってしまう。
 
また、ロゼッタの弱最終段の吹っ飛ばしもかなり強いため、この弱でバーストさせる事も可能である。
 
これを回避するには崖の下にいるチコに攻撃をしてバーストさせるか、
チコ、ロゼッタを飛び越して着地する必要がある。
それか、崖下の内側から復帰技>チコに当たる>復帰技>チコに当たる・・・と繰り返すことにより、
チコの位置を少しずつずらして復帰に行く事も可能だが、ノーリスクで行う事は難しい。
 
ロゼッタを飛び越して復帰をされたとしても、その場合は相手に飛び越す為の上B,着地等の隙が生じている事が多く、
こちらもそれを見てから弱連を中止すればいいだけなので、リスクは非常に少ない。
 
崖外から簡単に攻撃出来る相手には、チコがバーストされるとその後不利になってしまうので控えるのがいいだろう。
 
前投げ>チコシュート>ぐるみあ式を警戒した相手がチコの上から復帰>上スマを決める
といった読み合いをかけることも可能。
 
ぐるみあ式はキャプテンファルコンやガノンなど、復帰距離があまり長くなく、
復帰技の攻撃判定が小さい相手にはとても強力なテクニックなので、知らない人は是非覚えよう。
 
世界最強クラスのロゼッタ使い「Dabuz」も使っていたテクニックである。

ゆず式

実用性:★★★★☆
難易度:★☆☆☆☆

 
 
チコを崖上の端から少しだけ内側で、そこからキャラ1,5体ほど離れた距離でロゼッタが弱連をするテクニックである。
 
これはぐるみあ式とは違い、相手は崖に捕まる事が可能だが、
崖に捕まってからの行動をかなり封じる事が出来るテクニックである。
 
その場崖登り、崖登りジャンプ、崖登り攻撃→チコに弾かれる。
崖登り転がり→ロゼッタの弱が当たる。
 
このように崖に捕まってからの行動をかなり制限する事が出来る。
 

ぐるみあ式との比較

メリット

  • チコに攻撃をされた場合でも、ステージの内側か真上に飛ぶため、チコのバーストが確定しない。
  • 飛び越すためにはよりステージの内側への復帰をしなければならない。

デメリット

  • うまく崖の行動を狩れる場所で弱連をするための位置調整が少し難しい。

vector to the heavens

実用性:★★☆☆☆
難易度:★★★★☆
 
考案者 iceさん
 
空中上攻撃→空中上攻撃 等の2段ジャンプの高さからチコを通常必殺技で切り離し、
落下中に空中上攻撃をしてチコの位置をキープしつつ、着地狩りのダッシュ攻撃→チコの上スマッシュと繋げるテクニック。
 
百聞は一見にしかず。
 

 
名前も内容もとてもかっこいい連携。果たして行く先は天国か地獄か…。

ムチやせ式崖奪い

実用性:★★★☆☆
難易度:★★★☆☆
 
「チコ仕込み着地」により空NAを仕込み、すぐに崖奪いをすることで
崖を奪われた相手キャラがチコの空NAに当たるというテクニック。
 
相手キャラやステージによってはそのまま崖メテオとなる。
 

 

チコサテライト

実用性:★★★☆☆
難易度:★☆☆☆☆
 
ロゼッタが行動不能で、なおかつAを押すとチコが弱攻撃を出す時、
そのまま弱攻撃を連続して入力し、弱攻撃を押しっぱなしにすると、チコだけが弱連の挙動で回り続け、
ロゼッタは自由に動けるという状態になる。
(ロゼッタが弱攻撃や強攻撃を出したい時はAから一瞬だけ手を離し、またAを押しっぱなしにする事で、ロゼッタで攻撃しつつ
その状態を継続することが出来る。横必殺技、下必殺技などをするとチコがその技を出し、サテライトは終わる。投げについては後述。)
 
上記のようにチコが回っていて、ロゼッタが動ける状態の総称をチコサテライトという。

Q’z式

実用性:★★★★☆
難易度:★☆☆☆☆
 
上必殺技→着地時に弱連
 
これは上必殺技の着地隙を利用することにより、チコサテライトを簡単に作り出せるテクニックである。
 
チコの弱連は攻撃判定がかなり強いため、弱い判定の技しかもっていない相手などにとっては
ステージ上で回っているチコはかなり鬱陶しい存在となる。
ソニックの回転攻撃などにはほぼ打ち勝てるし、飛び道具も止める事がかなり多い。
当たりどころにもよるが、その判定の強さはファルコンパンチも止める事が出来るほどである。
 
Q’Z式は上記のように強判定であるチコサテライトを復帰の際などに展開し、
有利に立ち回る事を目的としている。
 
相手が追いかけてきたり、ロゼッタの下強攻撃に当たるなどしてチコの弱連に当たった場合
それを見てから掴みにいったり、スマッシュを入れることが可能である。
 

 
チコサテライトを継続しつつ投げをしたい場合、入力方法は下記の3パターン。
 
①ガード+弱ボタンから指を離してすぐ弱+押しっぱし(R+Aを一瞬離してまたすぐ押す)
 →入力が簡単だが、一瞬ガードが展開されるため最速で掴めない
 
②掴みボタン+弱ボタンから指を離してすぐ弱+押しっぱし(Z+Aを一瞬離してまたすぐ押す)
 →すぐに掴みを出せるが、入力が若干ややこしい
 
③ダッシュ中にガードボタン
 →入力は簡単で、掴みもすぐに出せるが、ステップ1つ分の距離がないと掴みが出せない。
 
うまくいけば、
下強攻撃→チコに当たる→下強攻撃→チコに当たる→下強攻撃
などでダメージを20、30パーセントほど稼ぐことも可能。
 
また、スマッシュ等でチコを吹っ飛ばそうとしてくる相手には、横必殺技で即座に割り込んで
ダメージを与える事が出来るので、隙が少なく優秀なテクニックである。
 
※リトルマックのスマッシュにはスーパーアーマーがついているので、横必殺技をしても無視して吹っ飛ばされる。
 
デメリットとしては、こちらが攻める場面でチコをそのままにしていると、
ロゼッタ単騎での攻めとなり、攻撃力、対応力等がかなり低下してしまう点である。
チコサテライトを展開したら回っているチコを中心に立ち回り、攻める場面では素直にチコをロゼッタのところに戻すのが得策だろう。
 
※【チコ仕込み着地】を利用してチコが空中攻撃をしている間に弱連をしても、チコサテライトにはならない。着地でのタイムラグを利用するならば上必殺技のみ可能か。

崖下チコサテライト設置

実用性:★☆☆☆☆
難易度:★★★★☆
 
上必殺技の着地から崖下にチコサテライトを設置するテクニック。
この状態で相手が崖外にいる状況ならばかなり有利だが、設置方法が少し難しいのと、
その状況に持っていくor外に吹っ飛ばしてから相手が復帰するまでにこの状況にするのが
かなり難しいので、使いどころが限られる。
 

 

しらぼー式

実用性:★☆☆☆☆
難易度:★★☆☆☆
 
チコシュート→上必殺技→着地際にチコのみ空中ニュートラル攻撃→弱連→チコが回ったら一瞬弱ボタンを離し、また押しっぱなしにする
上のものと同じく、チコサテライトを崖下に設置するテクニック。
 
上必殺技後、チコのみの弱連が出来ている時にロゼッタが一緒に弱連をしても、
一瞬弱ボタンから指を離してまたすぐ押せば、ロゼッタだけ弱連をやめる事が可能
分離中に上必殺技の着地した後に打撃ボタンを押すとチコが空中ニュートラル攻撃をし、そのまま弱攻撃を連打するとロゼッタはやめる事が出来る弱連を出す事が可能
というものを利用しかなり簡単に設置が出来る
 

▲簡単なバージョン

▲復帰阻止空下から
 
 
復帰阻止から安定してスムーズに設置できれば使えるかもしれないが、
普通の復帰阻止をした方が強い説が濃厚。

関連記事

キャラ解説 – ロゼッタ&チコ
全キャラ共通 – 小ネタ・テクニック集